おぎやはぎ小木 親が日大板橋病院で手術 費用手渡しで「急に不安」もスタジオ失笑

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が13日、フジテレビ系「バイキングMORE」に出演。日大板橋病院を巡る背任事件についてコメントを求められ、親が同病院で手術を受けたことを明かし、費用が逮捕された理事に「いってんじゃないか、急に不安になってきた」と言い出し、スタジオを苦笑させた。

 番組では日大医学部付属板橋病院の立て替え工事を巡る背任事件について特集した。番組内では新情報として、理事の井ノ口忠男容疑者へ少なくとも2500万円が2回に分けて、振り込みではなく手渡しで渡されたとも伝えた。

 これに小木は「どんどん不審に思えてきて…」と険しい表情。そして「実は、うちの親が去年、日大板橋病院で、そこで手術をしたんです」と打ち明けた。

 小木はさらに「手術費、入院費、手渡しで渡したんですけど…」と言い出すと、次の言葉を予感した矢作兼は笑いをこらえながら「やめろ~」と口を挟んだ。

 小木はお構いなしで「それ、井ノ口さんにいってないか。手渡しだからいってんじゃねえかって、急に不安になってきた」と言い出し、坂上忍ら出演者は笑いを必死に堪えていた。

関連リンク

  • 10/13 13:18
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます