韓国発の人気店「ミントハイム」「アトモスフィア」が日本初上陸

【モデルプレス=2021/10/13】「自由が丘スイーツStation produced by 自由が丘スイーツフォレスト」に、韓国で高い人気を誇るスイーツショップ「ミントハイム」と「アトモスフィア」が、10月13日(水)~26日(火)の2週間限定で日本初登場する。

■韓国の人気店が初上陸

日本のチョコミント好きの間でも有名なミントスイーツ専門カフェ「ミントハイム」からは、1番人気の「ミントチーズケーキ」や「ミントメレンゲクッキー」など、色鮮やかなミントブルーのスイーツが揃う。「アトモスフィア」からは、カラフルでポップなトゥンカロンが初上陸する。

■MINTHEIM(ミントハイム)

「ミント好きのためのカフェを作ったら面白いんじゃないか」というオーナーの発想から、韓国初のミントスイーツ専門カフェ「MINTHEIM」を、アートや音楽等の創作活動を行なう若者たちが集まるサブカルチャーの発信地、弘大(ホンデ)にオープン。ミント好きにはもちろん、鮮やかな見た目は若い女性からの人気も集めている。

「ミントチーズケーキ」
見た目の鮮やかさに惹かれる、MINTHEIM看板スイーツ。ミント×クリームチーズの新しい味わいに、サクサクのバニラクリーム入りのブラックココアクッキーが加わっている。クリームチーズの優しい甘さに、ココアクッキーのほろ苦さ、最後はミントの爽快感でしまる、韓国発の新食感スイーツ。

「ミントメレンゲクッキー」
サクサクと軽い食感で、つい何個も食べたくなるような、ほど良い甘さ。優しい口どけに、ココアクッキーの食感がアクセントに。最後にはミントの爽やかさが口の中にほんのり残る。見た目も色鮮やかで、ちょっとしたギフトにもぴったり。

■ATMOSphere(アトモスフィア)

おしゃれなカフェや雑貨屋が多く、若い女性の間でトレンドエリアとなっている望遠洞(マンウォンドン)に、2015年オープン。店舗近くに小学校があり、お子様向けに可愛いキャラクタートゥンカロンを販売したところ、 20代の女性を中心に大きな反響を呼び、日本人観光客も多く訪れるカフェとなった。

「トゥンカロン」
“太っちょのマカロン”として韓国で人気となった、クリームたっぷりの「トゥンカロン」。サクっとしたマカロンの中には、しっとりとした濃厚なクリームが入っている。先行販売では、バニラミルク、ヌテラ、きなこ、ソルテッドキャラメル、ピーナッツバターの5つのフレーバーが揃う。

(modelpress編集部)

■自由が丘スイーツStation produced by 自由が丘スイーツフォレスト

住所:東京都目黒区自由が丘1-9-8(東急東横線・大井町線「自由が丘駅」南口改札横)
営業時間:11時~20時(※10月13日は12時~20時、26日は11時~17時となります
※10/6現在コロナウイルスの影響で時間短縮中(通常は11時~21時)

【Not Sponsored 記事】
  • 10/13 13:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます