深川麻衣、Paraviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』主演決定! 「テンポよく展開していく楽しいドラマになっております」

拡大画像を見る

深川麻衣が、10月19日(火)より配信開始となるParaviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』で主演を務める。

同作は、10月19日(火)22:00より放送をスタートする火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』のParaviオリジナルストーリー。

同ドラマでは描き切れない深川が演じる広告代理店『秀伝堂』の受付嬢・麻宮祥子の恋模様を描き、ドラマ本編冒頭で堅物変人イケメン・百瀬柊(坂口健太郎)に偽装結婚を持ち掛けられ、怒った麻宮のその後のストーリーを展開。

“別に結婚だけがすべてじゃないし! でも寂しいのは嫌……”と、結婚相手探しに奔走する麻宮だが、理想が高すぎて婚活は難航。“恋愛とは? 結婚とは? 人を好きになるとは?”という疑問を抱える彼女が自分にとっての”本当の幸せ”を見つけるまでを追った物語となっている。

なお、深川が配信オリジナルドラマの主演を務めるのは同作が初めて。共演者には高杉真宙をはじめ、中川翔子、笠原秀幸、小林涼子、森永悠希、長見玲亜、岡田圭右など本編にも出演する個性豊かなキャストが集結した。

今回、メインビジュアルも公開に。

麻宮と動物病院の看護師・牧原唯斗(高杉真宙)に加えて、小杉深雪(中川翔子)、坂原証(笠原秀幸)、藤井ひかり(小林涼子)、井上陸(森永悠希)、田村彩乃(長見玲亜)、舛田康弘(岡田圭右)らが登場。

それぞれがどんな恋愛模様をくり広げるのか、麻宮の恋にどう絡んでくるのか。婚活を通してさまざまな相手を品定めしていく麻宮の恋の行く末が気になるビジュアルに仕上がった。

なお、同作は10月19日(火)から放送を開始する『婚姻届に判を捺しただけですが』の初回放送終了後からParaviにて独占配信される。

コメント

深川麻衣:
『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』では、本編の裏側やサイドストーリーがたっぷり描かれていきます。本編では謎多き麻宮祥子が、実はどんなことを考えていたのかも、きっとこのドラマを観ていただけたらわかっていただけるはず……! Paraviならではの遊び心が詰まっていて、毎回脚本を読んでいて、思わずクスリとしてしまいます。テンポよく展開していく楽しいドラマになっておりますので、ぜひ楽しみにしていてください!

高杉真宙:
今回、Paravi版『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』に出演させていただくことになりました! 唯斗君の周りに愛される理由と本編ではあまり絡むことのないみなさんとの関係性にぜひ注目して観てください! なかなか本編のみなさんとお会いすることがなく寂しかったので、撮影を楽しんでいきたいと思います!

松本明子プロデューサー:
本編では謎のヴェールに包まれた神出鬼没な受付嬢・麻宮祥子! その彼女の魅力がたっぷり詰まったオリジナルストーリーをParaviでお届けします! ドラマ、映画、舞台と、マルチに活躍してきた深川麻衣さんだからこそ作り上げられる“麻宮祥子”の魅力に、私たちスタッフも現場で毎回楽しませてもらっています! そして、ここでしか見られない高杉真宙さんが演じる唯斗の年下男子ならではの胸キュン♡不意キュンもたっぷりお届けしますので、せひご覧ください!

Paraviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』

配信日時:2021年10月19日(火)放送スタート『婚姻届に判を捺しただけですが』初回放送終了後に独占配信開始

■出演者
麻宮祥子:深川麻衣
牧原唯斗:高杉真宙
百瀬旭:前野朋哉
坂原証:笠原秀幸
藤井ひかり:小林涼子
井上陸:森永悠希
田村彩乃:長見玲亜
小杉深雪:中川翔子
舛田康弘:岡田圭右

■スタッフ
製作:TBSスパークル/TBS
原作:有生青春『婚姻届に判を捺しただけですが』(祥伝社『フィール・ヤング』連載中)
脚本:宮本武史
音楽:末廣健一郎/MAYUKO
プロデューサー:松本明子/那須田淳
演出:加藤尚樹
企画:宮﨑真佐子

関連リンク

番組公式サイトParavi公式サイトParavi公式TwitterParavi公式InstagramParavi公式YouTubeチャンネル

火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』

放送日時:2021年10月19日(火)スタート/毎週火曜22:00〜22:57

■スタッフ
製作:TBSスパークル/TBS
原作:有生⻘春『婚姻届に判を捺しただけですが』(祥伝社『フィール・ヤング』連載中)
脚本:田辺茂範 おかざきさとこ
プロデューサー:松本明子 那須田淳
演出:金子文紀 竹村謙太郎 ほか
編成:宮﨑真佐子

■出演者
大加戸明葉:清野菜名
百瀬柊:坂口健太郎
百瀬美晴:倉科カナ
牧原唯斗:高杉真宙
麻宮祥子:深川麻衣
森田聡:田辺誠一

■あらすじ
大加戸明葉(清野菜名)は『森田デザイン』で働く中堅デザイナー。夢だったデザイナーの職について仕事が楽しく、同僚との関係も良好。いつか独立して広告で賞を取ることを目標に、やりがいを感じる日々を過ごしている。恋愛経験はそれなりにあるが、これまで付き合ってきた彼氏がダメ男ばかりで、結婚を意識した相手は過去に1人もおらず、現在彼氏はいない。しかし、学生時代からの友人など一緒に飲んでくれる友達はおり、“生涯独身上等、お1人さま最高!”と独身を謳歌していた。

そんなある日、明葉は飲み会で出会ったばかりの男性から突然プロポーズされる。初対面の明葉にプロポーズしたのは、広告代理店『秀伝堂』の社員・百瀬柊(坂口健太郎)。外見はよく仕事に対しても真面目で、上司や部下、そしてクライアントからの信頼も厚い男だ。しかし、百瀬は訳あって偽装結婚する相手を探していた。そして飲み会で“結婚は向いてないし、したくない。でも祖母が結婚してほしがっている”という明葉と出会った百瀬は、偽装結婚の相手として明葉に狙いを定めたのだった。

突拍子もない電撃プロポーズに、はじめは“ありえない! バカにしてるんですか⁉”と突っぱねた明葉だったが、祖母が大事に営んできた小料理屋が潰れる危機に! 心臓に持病のある祖母をがっかりさせたくない明葉は、小料理屋を存続させるため婚姻届と引き換えに百瀬から500万円を借り、百瀬の偽装妻になる。百瀬は堅物で変人のこじらせ男だった。共同生活が始まり、衝突する2人。しかし明葉は百瀬が見せるちょっとした優しさに心惹かれていく……。そして次第にわかっていく、百瀬が偽装結婚をする本当の理由……。1つ屋根の下で暮らすうちに、2人に変化が生まれていくのか……⁉

©有生⻘春/祥伝社フィールコミックス

関連リンク

  • 10/13 13:01
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます