杉咲花“ユキコ”&杉野遥亮“森生”、ゾンビ映画デートへ!

拡大画像を見る

杉咲花が主演を務める水曜ドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)第2話が、10月13日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、勝ち気だが恋には臆病な盲学校の女の子と、喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキー、ある日出会ってしまった運命の2人による笑って泣けて時々ハッとする、新世代ラブコメディ。光と色がぼんやりわかる程度の弱視の盲学校生・赤座ユキコ(杉咲)と、喧嘩っ早いが純粋な不良少年の黒川森生(杉野遥亮)。運命の出会いをした2人はお互いの事を理解し、惹かれ合っていく。

第1話では、ユキコと運命の出会いを果たした森生の不器用なアプローチ姿が話題になり、ネット上では、「コミカルながら大事なことを学べる気がする」「森生の不器用な恋を応援していきたい」「黒川泣いたとこで私も泣いた」とのコメントがあがっていた。

第2話では、映画を見に行くことになったユキコと森生。その一方で、ユキコの姉・イズミ(奈緒)や、森生に思いを寄せる橙野ハチ子(生見愛瑠)の思惑が絡み、2人の恋は前途多難な様相を見せる。

映画館に向かっていたユキコは、いつもの道で森生に鉢合わせる。そこに、一緒に映画を観るはずだった友達から風邪をひいたと電話が入り、急遽予定は白紙に。そんな中、森生にゴリ押しされ、成り行きで一緒に映画館に行くことになるが……!? ぎこちない2人の映画初体験は予想外の胸キュンに満ちていた。

一方、森生に思いを寄せるハチ子は、ユキコに嫉妬心を募らせる。ハチ子の心無い言葉によって森生との間に再び壁を感じたユキコは、「私の気持ちなんてわかるワケないんだよ!」と、森生に言い放ってしまう。さらに森生は、ユキコを心配する姉・イズミから、ユキコに近づかないよう釘をさされ――。

<第2話あらすじ>
映画を観に行くため、待ち合わせ場所に向かっていた赤座ユキコ(杉咲)は、いつもの道で黒川森生(杉野)に再会する。すっかりユキコになつき、嬉しそうな森生。そんな中、一緒に行くはずだった同級生の紫村空(田辺桃子)から風邪をひいたと電話が入り、急遽予定はキャンセルに。家に帰ろうとするユキコに、森生は自分と一緒に映画に行こうと提案する。男子と2人で映画を観ることに抵抗を覚えつつ、森生に押し切られたユキコは2人で映画館へ。

カップルたちに混ざり、売店で飲み物を注文するユキコ。メニューの読めないユキコが周囲に迷惑をかけないよう素早く定番メニューを注文する中、森生は意外な方法でユキコの世界を広げて行く。

その頃、森生から約束をドタキャンされた緑川花男(戸塚純貴)と桃井草介(堀夏喜)は、いつもの喫茶店に集合。橙野茜(ファーストサマーウイカ)の姪・ハチ子(生見)は、森生がユキコと映画に行ったことを知り、面白くない態度を見せる。花男はハチ子の恋心を確信するが……。

一方、映画館ではユキコの大好きなゾンビ映画が始まる。ぎこちない2人の映画初体験には、想像を超えるドキドキと胸キュンが詰まっていた!

その帰り、すっかり打ち解けた2人は、なんだかいい感じに。先入観のない森生と過ごすうち、ユキコにも自然に笑顔が溢れる。しかし、森生から連絡先を交換したいと言われてスマホを出したその時、2人の様子を影から見ていたハチ子が割って入る。ハチ子の心無い言葉によって森生との間に再び壁を感じたユキコは、「私の気持ちなんてわかるワケないんだよ!」と、森生に告げると、その場を去ってしまう。

さらに、森生をよく思わないイズミ(奈緒)は、妹を心配するあまり、ユキコに近づかないよう森生に釘をさす。

動き出したかに見えた2人の恋。その先には高い壁が立ちはだかっていた!

関連リンク

  • 10/13 13:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます