【難読】“えん”だけじゃない! 「縁」の別の読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「縁」の読み方です。

“えん”以外の読み方って? と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「縁」の読み方は?

「縁」は“えん”と読み、めぐりあわせやきっかけといった意味合いで使う言葉ですよね。

しかし、“えん”以外の読み方というと、想像できない人もいるかもしれません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“ゆかり”とも読みます。

■「縁」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「縁」の意味は以下のように解説されています。

ゆかり【▽縁/所=縁】

1 なんらかのかかわりあいやつながりのあること。因縁。「縁 (えん) も―もない」「文豪―の地」「―の者を頼って上京する」

2 血縁関係のある者。親族。縁者。

「おのが―、西東合はせて六百人ばかり」〈宇津保・藤原の君〉

3 《「ゆかりじそ」の略》梅干と一緒に漬け込んだ紫蘇 (しそ) の葉を乾燥させて粉にしたもの。飯にふりかけたりする。

「縁もゆかりもない」という言葉を聞いたことがある人も多いですよね。「ゆかり」はひらがなで見ることが多いですが、漢字で書くと「縁」となるんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「縁」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。聞き馴染みのある言葉ですが、意外と漢字を知らなかったという人も多かったかもしれません。

同じ漢字ですが、いろいろな読み方ができるのが漢字のおもしろいところですよね!

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 10/13 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます