熊澤風花(Task have Fun)[アザーカット&インタビュー]人見知りで恥ずかしがり屋だった女の子の心を射抜いたモノ「小さい頃は、チアダンスが1番楽しい時間でした」

Task have Funのセンターとして、躍動感のあるパフォーマンスとキュートなビジュアルで、常に大きな輝きを放っている熊澤風花。そんな現在の姿からは想像がつかない“人見知りで恥ずかしがり屋”だったという幼少期を振り返る。

インタビュー:竹内伸一
撮影:江嶋綾恵梨(26時のマスカレイド)
ヘアメイク:砺波喜子
スタイリング:馳尾潤子(Jstyles)

人前に立つと泣いてしまう子でした

――熊澤さんは小学校4年生の時に原宿でスカウトをされて芸能活動を開始したわけですが、現在の事務所に入ろうと思った1番の決め手は何でしたか?

熊澤:
私、ずっとチアダンスをやっていたんですよ。幼稚園の頃から事務所に入るぎりぎりまで。もともと踊ることが好きだったんです。それで、(事務所に入れば)“踊りもできるよ”って言われて、“あっ、好きなこともできるんだ!”って思ったのがきっかけですね。それで“じゃあ、入ります”って言いました。

――芸能活動やアイドル活動には興味があったんですか?

熊澤:
あんまり……。AKB48さんしか知らないみたいな感じでした。テレビをつけたらAKB48さんが出ているっていう感じだったので、AKB48さんはなんとなくわかっていたんですけど、(アイドルに)詳しくはなかったです。だから、事務所に入ってみて驚くことがいっぱいありました。例えば、“演技ってレッスンするんだ!”とか。そういうものは自然にできるものだと思っていたんですよ。でも、そうじゃなくて、レッスンで学んでできるようになるんだって知りました。ウォーキングの練習も驚きました。“こういうことも練習するんだ!”って。みんな、裏では努力をしているんだなっていうのが、1番感じたことかもしれません。

――好きだったダンスのレッスンはいかがでした? やはりチアダンスとは違いました?

熊澤:
ダンスレッスンはなかったんですよ(笑)。ダンスは、事務所でアイドルグループを作るってことになってから始まりました。

――最初はアイドルとしてスカウトされたわけではなく、タレントとして声がかかったんですね。

熊澤:
そうなんです。

――小学生の頃は、どんな子どもでした?

熊澤:
人前に立つと泣いてしまう子でした。小学生の頃は、友達の後ろに隠れて遊ぶみたいな……人見知りで恥ずかしがり屋でしたね。

――人見知りの部分を克服しようと思って、チアを始めたんですか?

熊澤:
そういうわけではなくて……チアダンスが唯一、自分からやりたいと思ったものだったんです。野球って、試合の途中でチアダンスがあったりするじゃないですか。それをテレビで観たんです。“可愛いな、楽しそうだな”って思って、お母さんに“あれは何?”って聞いたら、“チアリーダーだよ”って教えてもらって、“私もやりたい!”って言って始めたんです。小さい頃は、チアダンスが1番楽しい時間でした。

――ほかにも習いごとはしました?

熊澤:
えっと、水泳とお絵描き教室にも通っていました。水泳は幼稚園の頃から小学2年くらいまでかな。幼稚園の目の前にスイミングスクールがあったんですよ。距離が近いというか、目にする機会が多くて、やりたいって言ったんだと思います。お絵描き教室も幼稚園の頃から小学4年生くらいまで。目の前にあるものを描いたり、好きなキャラクターを描いたり、粘土でいろいろ作るっていうのもやりました。でも、全然上手にならなくて(笑)。

――今、お絵描き教室に通っていたことが活かされたりは?

熊澤:
まったくないです(笑)。私が描いた絵を見た人は全員“ホントに教室に通ってたの?”って言います(笑)。当時はすごく褒められたんですけど、今となっては(笑)。

――チアダンスは、最初は“ポンポン”を持って踊るようなことから始めたんですか?

熊澤:
そうですね。事務所に入るまでずっとそうでしたね。(アクロバットのような)動きのあるものではなかったです。

――チアダンス、水泳、お絵描き教室など、いろいろなことに積極的に取り組んでいたけど、それでも大人しい子だったんですね。

熊澤:
そうなんですよ。お母さんが小さい頃の話とかをしてくれるんですけど、あんまり目立ったエピソードはないんです。お絵描き教室で1人で絵を描いていたとか(笑)。ホントに静かだったんだと思います。

本記事は、『PnR』vol.1収録インタビューをもとに再編集した特別編です。

本の質感だからこそ伝えられる美しさ 写真集のように写真1点1点を大きく掲載!

熊澤風花(Task have Fun)のインタビューを全編収録した『PnR』vol.1、全国の書店、WEB書店、レコードショップなどで発売中。

表紙&巻頭の26時のマスカレイドの来栖りんをはじめ、熊澤風花(Task have Fun)、寺坂ユミ(純情のアフィリア)、村田実果子(BLACKNAZARENE)、西葉瑞希、篠原みなみ、そよんが登場。

それぞれ20ページ前後のボリュームで、撮り下ろし写真とともに、これまでの人生をじっくりと振り返った約10,000字のインタビューを掲載。

今、大きな輝きを放っているアイドル、グラビアタレント、コスプレイヤー、女優の素顔や生き様を、美しい写真とロングインタビューで赤裸々にお届けする1冊。

『PnR』vol.1
発売日:2021年9月29日(水)
仕様:A4判/144ページ(オールカラー)
価格:1,980円(税込)

■出演
来栖りん(26時のマスカレイド)
熊澤風花(Task have Fun)
寺坂ユミ(純情のアフィリア)
村田実果子(BLACKNAZARENE)
西葉瑞希
篠原みなみ
そよん

関連リンク

『PnR』vol.1Amazon販売ページ『PnR』vol.1楽天ブックス販売ページ『PnR』vol.1タワーレコード オンライン販売ページ

惜しくも誌面には掲載されなかった秘蔵写真を使用! 10/28までしか買えない期間限定プレミアムアイテム

熊澤風花(Task have Fun)の本書アウトテイク写真を使用したパネル、アクリルパネル、アクリルキューブが発売中。パネルとアクリルパネルは大型 A2サイズで、タレント本人のサイン付き。全アイテムが、2021年10月28日(木)までの期間限定の完全受注販売。

■■■直筆サイン入り特大A2アクリルパネル■■■
価格:各¥55,000(税込/送料別)
サイズ:A2(440mm×614mm×5mm)/1,700g

■■■アクリルキューブ■■■
価格:各¥19,800(税込/送料別)
サイズ:120mm×120mm×20mm/500g
※サインは入りません。

■■■直筆サイン入り特大A2写真パネル
価格:各¥11,000(税込/送料別)
サイズ:A2(440mm×614mm×7mm)

■受注期間
2021年10月28日(木)23:59まで

■発送時期
本商品は2021年12月上旬以降の発送を予定しております。ご注文いただいたお日にちの順番に応じて配送を開始。地域によって配送状況が異なる場合がございますので、予めご了承ください。また、事前に個別での配送日のご案内や日時指定はお受けできません。

※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。

■注意事項
※写真は商品イメージです。実際の商品と多少異なる場合がございます。
※キャンセル不可商品となります。
※お客様の都合によるお届け済みの商品のお取り替え、ご返品はご容赦願います。
※未成年者の場合は親権者の同意を得た上でご購入ください。
※アーティストのサインのみ、お客様の宛名の記入はございません。なお、サインを書き込む位置の指定はできません。
※サインはアーティストが自筆で記入するため、その過程において一部汚れや傷、折れが発生している場合がございます。返品・交換などの対応はいたしかねますので、ご了承ください。
※パネルは素材、印刷、加工の特性上それぞれ仕上がりが異なり、多少のかすれ、インクの写りなどに個体差ございますが、不良品ではございません。
※商品到着時に状態をご確認いただき、運送の上の都合によるキズ・へこみが見られる場合はまずは運送会社にお問い合わせください。

関連リンク

Pop'n'Roll ONLINE STORE(熊澤風花プレミアムグッツ販売)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/13 12:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます