日清フーズから、レンジで1分加熱するだけで作れる「マ・マー マカロニゆでときました」が新発売!開発者にインタビュー。チーズたっぷりの韓国風レシピ「マカチータッカルビ」など人気レシピも話題に

拡大画像を見る

 「マ・マー マカロニゆでときました(ストレート・クルル)」全2種の発売を記念し、マ・マー公式Twitterアカウントにて、抽選で同商品のセットが当たるキャンペーン「さぞかし、うまかローニ!キャンペーン」が10月17日まで実施されていて、Twitterのトレンド入りを成し遂げた人気商品を紐解いていきます。

日清フーズ株式会社より「マ・マー マカロニゆでときました」が新発売。そこで開発者にインタビューを行った。「マカロニゆでときました」は既にゆでてあるため鍋がいらず、レンジで1分加熱するだけで完成するマカロニだ。そのため調理時間の短縮や洗い物も減り、手間ひまかけずに簡単に作れる。

開発した経緯としては、開発者自身がマカロニサラダが好きで、作る時にマカロニをゆでるところから始めるのが手間に感じていた。同じように感じている人も多いと思い、手軽にマカロニが作れる商品があったらいいなという発想から開発がスタート。実際に料理をする一般消費者の方にマカロニの調理にあたってのアンケート調査を行うと、鍋でゆでる一手間を短縮したいと感じている人が多かったことがわかった。そして開発を進め、独自技術によりレンジで1分加熱するだけで作れるマカロニが誕生した。

写真:開発者の日清フーズ㈱プロダクトマネジメント統括部第二部ディレクショングループ 村井琢磨さん

「こんな商品、待っていました」という消費者の声も上がり、開発者側も嬉しかったと話す。「マカロニゆでときました」は幅広いお客様に受け入れられる商品になっている。更には食卓にもう一品足したい時にも副菜としてマカロニサラダやココットグラタンなどが手軽に作れてキッチンにストックしておくと便利なアイテムだ。

今回発売されたのは2種類。そのうちの一つ「ストレート」は一般的なマカロニの形で細長く、どのメニューにも合うマルチに活躍するマカロニだ。二つ目の「クルル」は螺旋状の形をしたマカロニでソースがからみやすく見た目も可愛く仕上がる。例えばサラダで使う時は「クルル」の方がドレッシングがからみやすくなる。

特設サイトでは「マカロニゆでときました」が美味しく食べられるレシピも公開されている。マカロニというとマカロニサラダのイメージが強いが、それ以外にも簡単に美味しく食べられるレシピが紹介されている。中でも開発者のおすすめは「禁断のマカチータッカルビ」だ。最近、K-popや韓流ドラマの流行に伴い、韓国グルメもよく食べられるようになった。中でもマカチータッカルビは日本でも人気のあるチーズタッカルビにマカロニを加えたレシピとなっている。組み合わせが絶妙で、美味しいので是非食べてみて欲しいと開発者も一押しのレシピだ。更に、たっぷりのチーズと合わせた「マカチー」は子供にも人気のレシピだと話す。

最近では家飲みが主流となっているが、マカロニとトマトなどの野菜をごま油やオリーブオイル、塩と一緒に和えて白ワインなど好みのお酒と楽しむのもいい。一品おつまみにも役立つ商品だ。

開発者に今後の展開について聞くと、お客様のニーズが多様化しているため、多くの方に受け入れられる商品も必要だが、個々の細かいニーズに合わせた商品も開発していきたいと言う。

日清フーズ株式会社には様々な商品がある中、今回の商品の他におすすめ商品を聞くと、通常の麺の2/3の長さで、小鍋で調理できる簡便さが特徴の「マ・マー 早ゆでスパゲティFineFast 2/3サイズ」が上がった。

幅広い商品を扱い、時短や流行りの味など開発者は世の中の動きを敏感にキャッチし、SNSなどで情報収集をして今のニーズにアンテナを立てて新商品を発売し続けている。そんな努力もあり、これからも日清フーズ株式会社の試みが食卓を豊かにしてくれることだろう。

マ・マー マカロニゆでときました 特設サイト「レンジで1分 うまかローニ」

https://www.nisshin-foods.com/foods/mama/yudemacaroni/ 

  • 10/13 12:00
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます