『劇場版 ルパンの娘』大貫勇輔インタビュー「円城寺って子供に愛されるんだなって(笑)」現場への感謝も

拡大画像を見る

代々泥棒一家である“Lの一族”の娘・三雲華(演:深田恭子)と、 代々警察一家の息子・桜庭和馬(演:瀬戸康史)の禁断の恋を描いた「ルパンの娘」。 大人気ドラマの劇場版がいよいよ10月15日(金)より公開となります。

ドラマシリーズに引き続き、武内英樹監督×脚本・徳永友一のタッグで生み出された本作は、ドラマ版の世界観はそのままに、ストーリー、パロディ、アクション、ミュージカル、SFなど、すべてにおいてスケールアップ。さらに、劇場版ならではの一族の過去に秘められた切なすぎるエピソードや禁断のラブ、ミステリー要素も加わり、奇跡のエンターテインメント大作となっています。

ドラマで大人気キャラクターとなった円城寺輝ももちろん登場! 大貫勇輔さんの身体能力により、キャッチフレーズ通り世界を股にかける大活躍を見せます。今回は大貫さんに本作について、シリーズへの想いについて、お話を伺います。

ーー本作大変楽しく拝見させていただきました。円城寺さんも大活躍でしたね!

シリーズ1、2、そして劇場版と全てに出演させていただけたことが本当に嬉しくて。しかも「泥棒ワールドカップ」という素晴らしいシチュエーションで円城寺が登場するという。すごくありがたいです。

ーー完成した作品をご覧になっていかがでしたか?

試写で拝見した際は、純粋にいち観客として映画を楽しもうと思って観ていたのですが、気付けば笑い、気付けば泣いていました。「円城寺はここで出てくるんだ」というのもありつつ(笑)。渡部篤郎さん演じる尊さんのお芝居でグッと胸が熱くなって。ただの面白いエンターテインメントだけじゃなくて、感動する要素があるというのが、武内監督と徳永さんの作るお話であり、キャストの皆さんの素晴らしさがつまっている作品だと思います。

ーーアクションにミュージカルに…盛りだくさんの楽しい内容でしたね。

映画は特に“全部のせ”感が魅力だと思います。色々な要素を乗せて乗せて(笑)。遊び心がたくさんあって、ずっと飽きずにクスクス笑っていられて、でもその中では、締める所は締めるのがすごいですよね。ディズニーランドの隠れミッキーじゃないですが、隠れ笑いをどれだけ見つけられるかも楽しんでいただきたいです。

僕がダンサーということで、ダンサブルなアクションにしていただきました。後は、とあるシーンでの動きは『アナと雪の女王』を意識しています(笑)。
ミュージカルシーンについては、あれだけの大人数でミュージカルシーンを合わせるというのは本当に大変なことなんですね。通常の舞台であれば、一ヶ月、二ヶ月かけて作るものを、ギュッと凝縮して撮影していて。大変だったのですが、大変だったからこそ良いシーンになっていると思います。

ーー作品の様に 楽しいムードで撮影されたのでしょうか?

武内監督だからなのか、現場がとにかく明るいんですよ! シーズン1からそんな楽しい現場だったのですが、段階を重ねるごとに、阿吽の呼吸というか、何を言わずとも連携しているような、そんなチームになっていた気がします。いい意味でお互いを頼りつつ、作品をより良くするためにはどうしたらいいのか?という発想のもと動いている素晴らしい現場で。本当に刺激になりましたし、何よりも楽しかったです。楽しくて明るいのだけれど真面目で、良い作品を作る為に全力を尽くしていると言う感じです。

ーー円城寺輝を演じる上で心がけていることはどんなことですか?

僕はもともと舞台を中心に活動していた事もあって、「ドラマだから抑えめにナチュラルな演技をしよう」と思っていたんです。でもシリーズ1の1話では「もっと大げさに、オーバーに演じて欲しい」と言われて。そこから「もっとやっていいんだ」と気づき、円城寺になるスイッチみたいなものを見つけられました。毎話、監督やスタッフの方々と、こうした方がいいかな、もっとこうしよう、と相談しながら演じてきました。

ーー父親役を市村正親さんが演じられましたが、共演した感想はいかがでしょうか?

シリーズ2で「お父さん役として市村正親さんが登場します」と言われた時は、えーっ!!って、すごく驚きました。とても尊敬している大先輩とこのような形でご一緒出来ることに大興奮で。市村正親さんへの振り付けもさせていただき光栄でした。

ーー円城寺親子はドラマシリーズを経て、大人気のキャラクターになりましたよね!

子供たちが真似してくれているとか、子供がきっかけでお父さんお母さんも好きになってくださったとよく聞くので、円城寺って子供に愛されるんだなって(笑)。Face 2 fAKEさんが作ってくださった楽曲がすごく耳に残りますし、僕も撮影があった日は寝るまでずっと頭の中に響いている感じなんですよね(笑)。楽曲のパワーもあって、ありがたいです。

ーーSNSでの反響はどのように感じていますか?

SNSにコメントをいただいたり、友人からもメッセージをもらったりしますね。僕は実家がダンススタジオなので、サカナクションの『モス』で子供達が踊っている動画が送られてきたり。友人の赤ちゃんが「♪孫は可愛いな〜」というメロディでキャッキャ笑うというので、僕が実際にその子の前で歌ったら本当に笑ってくれて。音楽の力ってすごいな!と思います。

ーー改めて、円城寺輝というキャラクターの魅力をどんな所に感じますか?

劇中でも言っていますが、本当に“華ファースト”の、一番に華を思うキャラクターだと思いますね。シリーズ1では彼女に想いを寄せながらも諦めて華のことを応援し、シリーズ2では華をサポートし。この劇場版では自分の夢を追いつつも、演じていて思ったのは「やっぱりずっと華のことが好きなんだ、大切に思っているんだな」と。愛した女性を最後まで徹底的に守るという、騎士道というか紳士的な部分はすごくカッコ良いと思います。

ーーそんな華を演じる深田恭子さんとの共演はいかがだったでしょうか。

第一印象から今までずっと変わっていないのですが、優しくて、お茶目で、春の風の様な方だなと思います。いるだけで現場をニコニコ和ませてくれます。円城寺につられて華が歌い出してしまうシーンなんかでは、「もっとこうしたらいい、というのがあったら言ってくださいね」と謙虚におっしゃってくださいました。

ーーちなみに、大貫さんのお好きな、おすすめのコメディ映画はありますか?

それこそ武内監督の『翔んで埼玉』は劇場でゲラゲラ笑いました! 『翔んで埼玉2』が出来るというニュースを見て、僕も出して欲しいなと思っています(笑)。『テルマエロマエ』も大好きです。

ーー今日は楽しいお話をどうもありがとうございました!

▲リクエストに応えて「追ってから逃げている様に」ポーズを決めてくださった大貫さん。ありがとうございました!

撮影:山口真由子

『劇場版 ルパンの娘』
【公開日】10月15日(金)
【出演】 深田恭子 瀬戸康史 橋本環奈 小沢真珠 栗原 類 どんぐり(竹原芳子)
観月ありさ / 岡田義徳 太田莉菜 / 藤岡 弘、(特別出演)
市村正親 大貫勇輔 小畑乃々 マルシア 信太昌之 我修院達也 麿 赤兒 渡部篤郎
【原作】 原作:横関 大『ルパンの娘』シリーズ全5作(講談社文庫ほか)
【スタッフ】 監督:武内英樹 脚本:徳永友一 音楽:Face 2 fAKE 主題歌:サカナクション「ショック!」
(NF Records / Victor Entertainment)
(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

関連リンク

  • 10/13 12:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます