もったいない食品を美味しく食べきろう!ロスゼロ×大丸のフードシェアリングイベント


オンラインで食品ロス削減を目指すスタートアップのロスゼロは、大丸松坂屋百貨店の心斎橋店・神戸店と協力して、食品ロス削減を目指すフードシェアリングイベントを開催する。

食品ロス削減を目指す2社がコラボ

「ロスゼロ」は、製造や流通段階で行き場を失った余剰・規格外品食品を消費者に直接つなぐEC事業を中心に、サステナブルな社会の実現を目指して食品ロス削減事業を行っている。


これまでも、プレミアム食品が定価で並ぶ百貨店において直近一年で5回のイベントを開催し、累計3万4千点以上(SKU単位で計算)のロス食品を削減した。

大丸では現在、環境負荷の少ないサステナブルな商品やサービスを紹介する「Think Green」を展開しているほか、10月は「食品ロス削減月間」でもあるため、今回「ロスゼロストア」を展開することに。

大丸心斎橋店では地下1階イベントスペースにて10月13日(水)~26日(火)、大丸神戸店ではトアロード側玄関前にて10月27日(水)~11月2日(火)に実施する。

余剰品や販売機会損失商品などを販売


期間中は、ロスゼロのオリジナルチョコレート「Re:You」を販売。同商品は、未利用の原材料を使ったアップサイクル食品で、食べる「りゆう」があるチョコレートという意味を込めて名付けられた。このほか、3分の1ルールの影響を受けているが賞味期限はまだ先といった大丸心斎橋店内出店企業の余剰食品、夏のギフトやお中元の余剰品、パッケージ変更・破損による販売機会損失商品、販売先減少による余剰品などが販売される。

例えば、パッケージ変更による終売となった「フランス製ジャム」、パッケージが破損した「クッキー」、蓋が開きにくい「オリーブオイル」などが登場する。

商品は不定期・不定量に発生するため、販売品は開催期間内に何度も入れ替わる。また、大丸心斎橋店では、日によってポールボキューズ食パンが夕方以降に出品される。

ロスになった理由を明記し丁寧に説明

ロスゼロのブースでは、食品と共に「ロスになった理由」を明記し、消費者に丁寧に説明。販売には環境問題に意識の高いZ世代であるロスゼロのインターン生なども参加する。取扱ブランドのイメージ棄損を避けるとともに、同店内で販売されている食品と競合しないよう割引率の表示はせず、イベントの社会的意義やコンセプトを明確に打ち出していく。

この機会に、日本の食品ロスという社会課題を、楽しく美味しくちょっとお得というポジティブなものとして体験してみては。

画像をもっと見る

  • 10/13 11:44
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます