職員以外も利用可能!都庁職員食堂などで姉妹友好都市ランチフェアが開催

拡大画像を見る


ニューヨーク市、北京市、パリ市、ニュー・サウス・ウェールズ州、ソウル特別市、ジャカルタ特別市、サンパウロ州、カイロ県、モスクワ市、ベルリン市、ローマ市、ロンドン市の世界12の都市と姉妹友好都市関係を結び、スポーツ、環境、文化などの分野で幅広い交流を行っている東京都。

今回、友好都市提携30周年を迎えるモスクワ市と、友好都市提携25周年を迎えるローマ市にちなんだ「姉妹友好都市ランチフェア」が、都庁第一本庁舎32階職員食堂・都庁第二本庁舎4階職員食堂にて開催される。

10月18日の週はモスクワにちなんだメニュー

10月18日の週は、モスクワにちなんだメニューが登場。10月18日(月)はロシア風ビーフストロガノフ、19日(火)はキンキエフ、10月20日(水)はガルブツィ(ロシア風ロールキャベツ)が第一本庁舎32階職員食堂にて、21日(木)はビーフストロガノフ、22日(金)はチキンキエフが第二本庁舎4階職員食堂で楽しめる。

10月25日の週はローマにちなんだメニュー

10月25日の週は、ローマにちなんだ料理が登場。25日(月)はペンネ・アラビアータ、26日(火)は鶏肉のイタリア風チーズ焼きが第一本庁舎32階職員食堂にて、27日(水)はカチャトーラ(鶏肉のトマト煮)、28日(木)はカルボナーラ、29日(金)はバッカラ(塩鱈)のフリットが第二本庁舎4階職員食堂で楽しめる。

軽食・デザートメニューも登場

また、軽食・デザートメニューも販売。都庁第一本庁舎32階カフェでは10月18日(月)~20日(水)はプリューシカ、ピロシキを、25日(月)・26日(火)はマリトッツォを提供。都庁第二本庁舎4階カフェでは10月18日(月)~22日(金)にピロシキを提供する。

さらに、10月18日(月)~29日(金)の期間は、都庁第二本庁舎2階タリーズコーヒーでも関連メニューが楽しめる。

職員以外でも利用できるので、この機会に、姉妹友好都市を代表するメニューを味わってみては。なお、利用の場合は感染防止対策に協力を。

  • 10/13 11:44
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます