このままでは別れちゃう...別れ回避のために伝えるべきことって?

拡大画像を見る


ついついしてしまう喧嘩、些細なことで第三者からみたらなんでそんな事で喧嘩になるの?と不思議な事であっても当人同士は深刻なものです。

喧嘩という解決する度に相手の事を理解できるようになっていき、決して悪い事ではありません。
しかし、言葉は非常に大事であり修復したいのであれば長引かす喧嘩は別れの原因に繋がりかけないのです。今回は、別れない為の言葉についてお伝えします。


ごめんなさいと告げる

まずは、謝罪の言葉が一番先です。喧嘩になった理由は様々ですが、ごめんなさいと謝ることができなければ何も前に進むことができないのです。

謝るだけで解決にはなりませんが、先に謝罪をすることで全て丸くおさまることもあるのです。
彼に対して、はじめにつたえるのは言い分ではなくごめんなさいの一言である、これを意識するかしないかで大きな差が生まれます。


仲直りしたいという

彼に仲直りしたいという気持ちを素直につたえることは、彼にとってもありがたいと感じるものです。

なかなか男性はごめんなさいの言葉を苦手としており、ついつい謝ることができないものなのです。仲直りしたいなときっかけを彼女の方から与えることによって男性もチャンスがきたと感じます。

すべてはタイミングであり、男性が良いなと感じる男性にはタイミングがきちんとみれる人が多いのです。


好きだよと告げる

好きだよという言葉は、どんな時も万能です。どれだけ喧嘩をしたといっても、もちろん嫌いになったわけではありません。

相手に好きだよとつげることによって、喧嘩が解決することもあるようです。
避けていただきのは、彼が怒っている時です。喧嘩といっても冷静に話ができる状態でなければ解決にはなりません。


自分が悪かった所をいう

ここが悪かったと相手に対して自分の気持ちを的確に話すことは大事です。自分が悪かったことをつげることによって、相手も自分が行けなかったところを素直に伝えてくれます。
相手の気持ちを理解するためにもとてもだいじなことなのです。


まとめ

どうしても頑なにどちらも謝らないとなると、上手くいくことはありません。頑固に絶対に謝らない!ではなく、少し彼に近づいてみる事が大事なのです。いつのまにか、笑顔になる事ができるのであれば自然と修復できている証拠です。
しかし、なんでも喧嘩の原因が同じであればまずは根本から解決していかなければならないのかもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/13 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます