全盛期の投球が史上最強だったピッチャーランキング

拡大画像を見る

野球というスポーツの中でも花形的なポジションであるピッチャー。日本の球界には素晴らしい投球を見せてくれるピッチャーが多数存在します。中でも、全盛期の投球が特にすごかったのは一体誰なのでしょうか。そこで今回は、全盛期の投球が史上最強だったと思うピッチャーが誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 田中将大
2位 野茂英雄
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は「大谷翔平」!


高校時代に前人未到となる球速160キロを記録しプロ入りすると、投手と野手の「二刀流」に挑戦。プロ2年目にはベーブ・ルース以来96年ぶりとなる「二桁勝利&二桁本塁打」を達成。2017年にポスティングでロサンゼルス・エンゼルスへ移籍し「二刀流」を継続、新人王を獲得する。2021年シーズンは投打共に飛躍した1年となった。

主な所属球団:ロサンゼルス・エンゼルス
実働期間:2013年~

2位は「野茂英雄」!


1989年のドラフト会議で近鉄バファローズに1位指名されると、トルネード投法と呼ばれる大きく上体をひねって投げる独特のフォームで活躍。入団から4年連続で最多勝利と最多奪三振のタイトルを獲得。1995年には任意引退選手としてロサンゼルス・ドジャースに入団。30年ぶり二人目の日本人メジャー選手となる。その後13年間で123勝を上げた。

主な所属球団:ロサンゼルス・ドジャース
実働期間:1990~2008年

3位は「田中将大」!


2006年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスに1位入団すると、高卒1年目から先発投手としてローテーション入りし、新人王に輝く。2013年には開幕から24連勝を記録し、初のリーグ優勝と日本一に導く。2014年にはポスティングで獲得されたニューヨーク・ヤンキースに入団し、7年間で78勝を上げる。2021年、古巣に電撃復帰。

主な所属球団:東北楽天ゴールデンイーグルス
実働期間:2007年~

このように、二刀流の活躍で今シーズンのメジャーリーグを大いに沸かせた大谷翔平が見事1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~55位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが全盛期の投球が史上最強だと思うピッチャーは、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:1,277票
調査期間:2021年9月05日~2021年9月19日

関連リンク

  • 10/13 11:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます