テレ朝板倉アナ 育休1カ月の壮絶スケジュール モーニングショー「見る余裕もなかった」

拡大画像を見る

 テレビ朝日の板倉朋希アナウンサーが13日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」で、自身の育児休暇中のスケジュールを公開。自分の時間はわずか2時間半だったと明かし「改めてママはすごい」と感謝した。

 板倉アナは、次男が生まれたことで9月に1カ月の育休を取得した。長男は6歳であることから家事や幼稚園の送迎、次男のオムツ替えなど、がっつり育児に参加した。

 1日のスケジュールを公開すると、深夜0時に就寝するも1時3時5時に起きて授乳とオムツ替え。午前6時に起床し、洗濯や掃除、長男の幼稚園送りなどをこなし、自分の時間は子どもを寝かした夜2時間。羽鳥慎一アナから「モーニングショーは見てないの?」と聞かれるも「見てないです。見る余裕がなかったです」と正直に答えた。

 そして「ちょっと手伝うのと、がっつり真ん中に入ってやるのとではなかなか大変さが…」と心底語り「改めてママ、すごいなって」と頭を下げた。

 育休取得については「取りづらい、心苦しい思いもあった」と正直に語るも「どんどん育休男子が増えたらいいなと思う」との願いも語っていた。

関連リンク

  • 10/13 10:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます