海鮮や肉メニューが充実! 「白木屋」「笑笑」から新メニュー登場

拡大画像を見る

 モンテローザは10月12日に、同社が展開する全国の「白木屋」「笑笑」のグランドメニューをリニューアルし、新メニューの販売を開始した。メニュー変更は、10月12日~11月2日の期間に行われる。

 白木屋の新メニューでは、海鮮メニューや肉メニューを充実させ、中でも刺身やカルビステーキはリーズナブルな価格となっている。また、食べ応え満点の厚切りにした「まぐろ刺し」「サーモン刺し」「カルビステーキ」なども加わった。
 刺身メニューは、「刺身5点盛り」のほか、「どでかっ!まぐろ刺し 1貫25g!」(328円)、「どでかっ!サーモン刺し 1貫25g!」(328円)、「北海たこ刺し」(328円)、「炙り〆鯖」(328円)を用意する。
 肉メニューは、「厚切りカルビステーキ」(438円)、「厚切りねぎ塩カルビステーキ」(438円)を用意している。
 ほかにも、人気メニューである「博多明太もつ鍋」(1人前・968円)がリニューアルされるとともに、「石焼ルーローハン」(658円)が新たにグランドメニューに加わった。
 笑笑では、定番メニューである「タリアータ」「カットステーキ」など肉料理がお得な価格になった。
 肉メニューは、「牛肉のタリアータ」のほか、「牛ハツステーキ 胡麻塩仕立て」(438円)、「牛カットステーキ おろしぽん酢」(438円)、「牛カットステーキ シャリアピンソース」(438円)がリニューアルされた。
 「地鶏ささみ串」(218円)は、梅かつお、海苔明太、海苔わさびの、3種類の味付けを用意している。
 そのほか、ご飯の上にハンバーガーのパティと目玉焼きをのせてグレイビーソースで味付けたハワイのローカルフード「ロコ・モコ」や、“台湾カステラ”にマンゴーソースをかけてトロピカルな風味に仕上げた「台湾カステラ」が追加された。

関連リンク

  • 10/13 10:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます