TOKIO長瀬智也、主演ドラマ『白線流し』抹消事件も…気になる「最新の姿」と盟友がラジオで明かした「仰天ウラ話」

拡大画像を見る

 今年3月末にTOKIOを脱退し、芸能界から引退した長瀬智也(42)。近年、稀にみる気持ちのよい円満退所となった長瀬だけに、過去映像なども問題なく使用されてきたが、10月11日放送の『スカッとカラオケ!日本の名曲VS最新曲SP』(フジテレビ系)で、それが覆される事態が起きていた。

「同番組は、『痛快TVスカッとジャパン』の特別版。誰もが知る名曲のサビの部分の歌詞が一部隠された状態で、それを間違えずに歌い上げることができるかどうかに挑戦するカラオケ企画です。今回、“10代20代が親に影響されて好きになった名曲”のランキングベスト40“でスピッツの『空も飛べるはず』が紹介された際に、同曲が主題歌だった96年放送の長瀬主演ドラマ『白線流し』(フジテレビ系)のVTRが流れたんですが、なんと、そこに長瀬が映っていなかったんですよ」(制作会社関係者)

 ヒロインの酒井美紀(43)を筆頭に、柏原崇(44)、中村竜(45)、馬渕英里何(42)、京野ことみ(42)、遊井亮子(45)らがスカーフを川に流す伝統行事「白線流し」をするシーンが放送されたが、この場面に不自然に肩だけ映っていたのが若き日の長瀬智也だった。

 ちなみに、若き日の長瀬はワイルド路線だった30代以降とはだいぶ印象が異なり、「少女漫画から飛び出したみたい」という声もあるほど細身の美少年だったことでも知られている。

「本来は肩が映ってからアングルが変わり、長瀬がしっかりと主役らしい登場の仕方をする場面だったんですが、そこがカットされて長瀬の姿はナシ。画面端のキャスト紹介にはちゃんと“長瀬智也”とクレジットされていたものの、当然ながらSNSでは《白線流しの長瀬くん映ってなかったのは大人の事情なのか》《白線流し紹介しておいて、長瀬出てこないのどういうことなん》《長瀬くんがいない白線流しは白線流しじゃないよ》という声が相次いでいます」(前同)

■一方ラジオでは『白線流し』で嬉しい報告も

 何らかの不祥事や、権利関係など様々な大人の事情で過去映像から役者がカットされること自体は珍しくないが、長瀬の場合はそうではない。

「長瀬は不祥事で辞めたわけではないし、何より芸能界引退直前まで出演していた『ザ! 鉄腕! DASH!!(鉄腕ダッシュ)』(日本テレビ系)や『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、退所後も問題なく長瀬の過去映像が使われている。

 TOKIOもゲストもトーク中に当然のように長瀬の名前を出していたため、ファンも心のどこかで“引退した気がしない”と思っていた部分もありました。それだけに、今回の“存在抹消”がよけいにショックだったのでしょうね。

 ただ、一方で『白線流し』について、ファンにとっても嬉しい出来事も最近ありましたね」(専門誌記者)

 今年7月5日、東京・渋谷区内に配達された新聞に入っていたセレクトショップ『FREAK’S STORE(フリークスストア)』渋谷店のチラシに、「激安量販店のチラシに登場する人」のような雰囲気で長瀬と中村ら『白線流し』コンビが写っていたことが話題となっていた。これについて10月9日放送のラジオ『ROPPONGI PASSION PIT』(J-WAVE)に出演した中村が、長瀬について言及したのだ。

■「昭和っぽく小さくやるから分かんないでしょ」は通用しなかった

「中村は最初“あれ俺かな?”と一瞬とぼけるも“僕です。すみません(笑)”とチラシが中村と長瀬本人だと認め、長瀬について“たまに会いますよ”“『昭和っぽく小さくやるから分かんないでしょ』って2人でやったんですけど、配られた2時間後くらいに『ヤフーニュース』に載っちゃうっていう感じでしたね。やっぱりわかっちゃうんだな”“すみません騒がせちゃって”とチラシの反響を振り返ったり、長瀬との関係性を“いまだにふざけてます”“彼もすごい趣味の人間なので。本当に遊びを突き詰める人間なんですよ。バイクもそうだし車もそうだしスケートボードもそうだし”“すごい話も合うし、面白いですよね”と語っていたんです」(前出の専門誌記者)

 ちなみに、このラジオは中村が『白線流し』のあらすじと思い出話をしている際は主題歌の『空も飛べるはず』が、長瀬のチラシの件について話す際はTOKIOの『AMBITIOUS JAPAN!』がバックで流れるというサービスもあり、リスナーから大好評だった。

「そのほか長瀬の近況としては9月17日にスポーツブランド・ナイキの公式サイトでスニーカー“ジョーダン”ブランドのプロモーションの一環として制作されたPVに役者として出演しています。これはファンを喜ばせましたが、長瀬はあくまでも”自分は芸能人ではない”というスタンスを貫いていて、9月2日号の『女性セブン』(小学館)の取材では“俺は、芸能プロダクト的な考えはもう一切ない”と明言しています。

 また、いまだに世間が芸能人と大差ない扱いをしていることに“俺みたいな人が辞めるって言ったのに、こういうふうに『辞めていない』ことになっているなって俺は思っている”と複雑さを感じつつ、“少なからず、気に掛けてくれている人がいるってことだし、そこには感謝してるんで”と話していました。表現者としていきたい気持ちもあるでしょうが、10代から人生の大半を”スター”として生きてきただけに、しばらくは自由な暮らしをしたいという思いもやはり強いのでしょう」(前同)

 いまだ話題になる男・長瀬智也。『白線流し』のVTRが紹介されなかったのは残念だったが、いまだに中村との友情は続いているようだーー。

関連リンク

  • 10/13 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます