氷川きよし、園芸番組の空気を一変させた「ヘソのゴマ」へのこだわり!

拡大画像を見る

 ファッションやガーデニングにこだわりがあることで知られている氷川きよし。他にも意外なものに興味があることが明らかになった。

 氷川は10月12日放送の「趣味の園芸」(NHK)に出演。氷川を園芸の名人にするプロジェクトで、株分けや挿し木、種まきのやり方を園芸名人から教わった。種まきをしようとした時、氷川は植物の種を見て「ヘソのゴマみたい」と感想を述べた。

「通常のごまより小さかったので、ヘソのゴマみたいだと感じたようです。ここまでなら別に何と言うことのない場面だったのですが、氷川はこの後、ヘソのゴマについてこだわりを見せたんです」(テレビ誌ライター)

 氷川は園芸名人にそもそもヘソのゴマが何なのか聞き、話は完全に園芸から脱線。園芸名人は氷川の勢いに押され、困惑気味にへそのゴマが垢ではないかと“マジレス”する不思議な場面がお茶の間に流れた。

「そもそも植物の種からヘソのゴマを連想したのが不思議です。言われればそう見えなくもありませんが、普通は連想しないでしょう。氷川はなぜそんなにヘソのゴマに思い入れがあるのか。知りたいものです」(前出・テレビ誌ライター)

 園芸とは別のことが気になってしまうまさかの展開に、内容が頭に入りにくくなってしまった視聴者も少なくなさそうだ。

関連リンク

  • 10/13 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます