「おかえりモネ」りょーちん(永瀬廉)、みーちゃん(蒔田彩珠)との“約束”に「心配」「どうか果たせますように」の声

【モデルプレス=2021/10/13】女優の清原果耶がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)の第108話が、13日に放送された。King & Princeの永瀬廉と女優の蒔田彩珠の展開に注目が集まっている。<※ネタバレあり>

同作は「海の町」気仙沼に生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン・永浦百音(清原)が、東京で“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けていく、希望の物語。

◆亮、未知と“約束”

亮(永瀬)との曖昧な関係性を変えるため、彼を呼び出した未知(蒔田)。2020年を迎え、初売りに向けて漁に出る亮は1月3日の昼過ぎに戻ると話した。

未知は「あのね、亮くんが、海から戻ったら話したいことがある」と切り出し、「話したいことっていうか…」と口ごもる。亮は「俺に聞きたいことがある?」と未知が自身の今後などが気になっていることを察し、「わかった、ちゃんと話す」と約束した。

◆亮の行方に心配の声

しかし、3日の百音の予報によると、海上は大しけ(暴風雨で荒れる)に。百音が漁師の滋郎(菅原大吉)に熱心にその危険さを伝え、ようやく滋郎は船へ連絡を入れることを決意した。

視聴者からは「りょーちん無事に帰ってきて!」「心配だよ…」「みーちゃんとの約束がどうか果たせますように」など、心配の声が多数寄せられている。(modelpress編集部)

情報:NHK

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/13 8:56
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます