指原莉乃、自宅が「普通の賃貸!」と叫んだ言葉にウソはないワケ

 数多くのレギュラー番組を抱える売れっ子タレントの指原莉乃は、賃貸物件に住んでいた? 都心に建つ億ションの値段に目を見張る場面があったという。

 10月11日にスタートした新番組の「100%!アピ~ルちゃん」(TBS系)では、ブレイク芸人やYouTuberはいくらまで住宅ローンを組めるのかを調査。MCの麒麟・川島明が芸人は「ローンの審査がまったく通らない!」と嘆く様子が映し出されていた。

 番組では元NHKでフリーアナの登坂淳一が東京・芝公園に建つ1億1000万円の億ションを購入希望としてあげれば、マヂカルラブリーの村上はサブカルの街で知られる東京・高円寺にて8500万円のマンションを希望。銀行の住宅ローン担当者に査定してもらうと、登坂は妻の収入も考慮することで満額の査定を得るも、村上は希望額に満たない結果に終わっていた。

 そのVTR明けで指原が「ちょっと怖くなっちゃいました。あんなにも借りられないものなんですね」との感想を口にすると、川島は「ちなみにさっしーが住んでいる億ションはキャッシュで?」との質問をブッコむことに。「いやいや住んでない」と否定するも、周りが誰も笑っていないことに気づいた指原は「普通の賃貸!」と叫んでいたのである。


「その指原は昨年7月、自身へのご褒美として高級タワーマンションに引っ越したことを明かしています。その部屋では自身のYouTube動画も撮影しており、見た目からして億ション級の豪華マンションであることは明らか。その部屋が指原の主張通り、購入したものではなく賃貸物件であることは間違いないはずです」(週刊誌記者)

 しかし指原は今や、年収2億円超と噂されるほどの売れっ子。億ションを購入することなど造作もないはずだが…。

「昨年8月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、週刊誌で報じられた“マンション2部屋購入”について『それは本当です』と肯定。その目的について『お金の流れをまず知るために、初級編としてとりあえずいっちゃおうと思って』と語り、投資の一環だと説明していました。その一方で自分の住居については、指原のような個人事業主なら自宅は賃貸にして、家賃を経費で落としたほうが合理的。ヒカキンのような人気YouTuberが家賃数百万円のタワマンに住んでいるのと同じ理屈です。それに賃貸のほうが引っ越しも容易ですし、独身の指原がいま億ションを購入すべき理由もありません」(前出・週刊誌記者)

 当の「100%!アピ~ルちゃん」では長嶋一茂から「キャッシュ有り余ってるからね」とイジられ、「何ニヤニヤしてるんですか? いやいや」と返していた指原。ここであえて否定しなかったところに、彼女の懐事情が示されていたのではないだろうか。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/13 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます