結婚反対デモに刑事告発…眞子さまと小室さんを襲う「異様事態」 すべては“小室マネー”のためか

拡大画像を見る

 もはや何が何だかわからない。秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんが2つの“有事”に直面している。今月10日、2人の結婚を反対する行進デモが10日、都内で開催されたのだ。主催したのは皇室系ユーチューバーの京(けい)氏で、小室家をめぐる様ざまな疑惑や、小室さんの警備に多額の税金が使われていることを問題視。スタート地点の東京・日比谷公園には賛同者約100人が集結し「皇室を護りたい」「茶番会見やめろ」などと書かれたプラカードを掲げ、銀座まで練り歩いた。参加者の8割が女性だった。

 これが一部メディアで取り上げられると、記事のコメント欄には意外や「私たちの気持ちを代弁していただきありがとうございます」など賛同の声が多数。京氏もユーチューブチャンネルの登録者数、動画の再生回数が増えホクホク顔だ。

「ただし、京氏も京氏で狙われています。ガチの右翼が彼の行為に怒り心頭なのです。京氏のやっている行為は小室家批判なんですが、めぐりめぐって皇室の品位を貶めることに繋がる。これに某右翼団体が激怒し、すでに1度、京氏に対して『眞子さまのことを考えろ!』と警告行為に出たそうです」(事情を知る関係者)

 それでもめげない京氏は入籍当日26日にも行進デモを行うつもりのようだが、果たして――。

 さらに時を同じくしてジャーナリストの篠原常一郎氏が小室さんの母・佳代さんを詐欺罪で刑事告発していたことがわかった。「NEWSポストセブン」によると、篠原氏が6日に東京地方検察庁に告発状を提出。告発状は受け取りを拒否されておらず、正式に受理されれば本格的な捜査が開始されるという。篠原氏が問題視しているのは佳代さんの遺族年金不正受給疑惑と、かつて勤務していた洋菓子店における傷病手当金搾取疑惑だ。ともに詐欺に該当するとして、同氏は自身のユーチューブチャンネルで糾弾しているが…。

「告発状は受理されない可能性が極めて高い。なにせ証拠は週刊誌報道やウワサ話ですからね。どうやって捜査するんだ、と(笑)。篠原氏もそのことはわかっており、検察が不受理を決めるまでの間に動画を更新しまくって、存在感をアピールするつもりのようですね」(事情通)

 この御方、ネット上のプロフィルを見る限り、なかなかのクセ者のように映る。

「結局は京氏も篠原氏も、眞子さま&小室圭さんという超巨大な引力に引っ張られた人なんですよ。ニュースも皇室関連記事一色じゃないですか。我々はそれを〝小室マネー〟と呼んでいます」(スポーツ紙記者)

 結婚の最終盤に次から次へとトラブルが発生。それもすべて〝小室マネー〟に基づくものだ。聞けば、結婚反対デモを行う京氏は、2人が入籍した26日以降は離婚を求めて活動を継続するという。日本にいる限り、2人の心が休まる日はなさそうだ。

  • 10/12 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます