フェフ姉さんで『月曜から夜ふかし』に異常事態!女性視聴者「爆増」のキックボクシング『ザ・ノンフィクション』化と相方・多田さん「驚異のモザイクぶっこみ」!!

拡大画像を見る

 10月11日放送の日本テレビ系『月曜から夜ふかし 秋の2時間SP』(21時~22時54分)が“異常”とも言える視聴率をたたき出したという。

「世帯視聴率11.8%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率7.1%という数字でした。高数字と言えるでしょうが、それ以上に凄かったのが本当に多くの女性が同番組を見ていたことなんです。女性の視聴率がめちゃくちゃ高く、他の番組に比べて、圧倒的に女性から見られたことが明らかになりました」(制作会社関係者)

 11日の『月曜から夜ふかし』では、「株主優待だけで生活する桐谷さん 初めてのフリマアプリで不用品を売る」「夜ふかし 素人さん大賞」「全国ご当地問題」「マジシャンGOが新作マジックを持ってきた件」「フェフ姉さん プロキックボクサーへの道」などの企画が放送された。

「10月4日の通常放送(23時59分~)は、世帯視聴率6.3%、個人視聴率3.1%とその時間帯にしてはいい数字でしたが、特段、女性視聴者が多いということはなかった。今回の2時間スペシャルが異常な数値で、特に若い女性が見まくっていたんです。

 20~29歳の女性視聴者は前番組の『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)の倍ほど。異様とも言える若い女性視聴率の高さは、桐谷さんや素人企画ではなく、十中八九、フェフ姉さんの挑戦が多くの女性の共感を呼んだのではないでしょうか」(前同)

 2016年に東京・渋谷のインタビューで偶然出会い、以降『月曜から夜ふかし』内でさまざまな企画に挑戦してきたフェフ姉さん(本名:奥野愛央衣さん)。

 2020年8月放送の2時間特番で、フェフ姉さんはキックボクシングでプロを目指すと宣言。その4か月にはアマチュア大会に出場したが、結果は判定負け。今年7月には最強中学生とリベンジマッチを行なったものの、再び判定負けを喫してしまった。

 今回の『月曜から夜ふかし』では、1か月後に迫った新たなアマチュア大会に出場するまでのフェフ姉さんの密着していた。

■「負け判定」にフェフ姉さん“二度見”

 腕立て伏せが1回もできないという筋力アップのため、フェフ姉さんはしめ縄跳び、反復横跳び、腹筋を鍛えるツイスト運動、30mダッシュからのローキック20発といった厳しいトレーニングメニューをこなしていく。

 番組MCのマツコ・デラックス(48)と関ジャニ∞の村上信五(39)もフェフ姉さんの奮闘に感心した様子だった。

 フェフ姉さんは、トレーニングのない休日にも体のメンテナンスを行なっており、部位によって7つの美容サロンを使い分けるなど、女優並みの忙しいスケジュールをこなしていく。

 トレーニングの成果も表れ、腕立て伏せができるようになるまで筋力はアップ。得意のローキックや前に出る姿勢は、ジムトレーナーからも高い評価を受けていた。

 そして迎えたアマチュア大会本番では、キックボクシング歴6年の長身女性との試合に臨む。序盤は相手のリーチの長さに押されて苦しんだものの、徐々にパンチが当たるようになり、最終2ラウンドでは相手を追い詰める場面もあった。

「勝負は判定へともつれこみ、マツコさんも“いけるんじゃない?”と応援していましたし、村上さんも“これはいったやろ”とフェフ姉さんが優勢だと見ていた。しかし、結果は惜しくも判定負けでした。フェフ姉さん自身も勝利を確信していたようで、負けの判定が下されると、判定を二度見するほどでしたね」(前出の制作会社関係者)

■フェフ姉さんの涙にマツコ&村上も思わず感動

 試合後、トレーナーから「僕らも旗が上がるかはわからないんで。練習の通りには動けなかったね」と言葉をかけられたフェフ姉さんは、タオルで顔を覆い「そっか、負けか……」と悔しそうに涙を流した。

 このVTRを見ながら、ワイプのマツコと村上も涙をこらえるような表情を浮かべていたのだが、ここで、フェフ姉さんの友人の多田さんが「鼻をかみ」とティッシュ手渡すと、フェフ姉さんは「多田がいてよかったよ」と感謝を述べる。すると、すかさず多田さんはテロップがモザイク処理されるほどの激しい下ネタ質問をフェフ姉さんにぶつけたのだ。

 これにフェフ姉さんも「悔しさプレー」とつぶやいて「ちくしょー!」とシャウト。さらに「ティッシュ、バー取って」と言い、涙と股間を拭くジェスチャーをし、多田さんが「コスパいいじゃん」と爆笑するという場面で密着VTRは終わった。

 VTR後、村上は「多田さんがいてくれてよかったね」とコメントし、マツコも「ほんと、私もう今日、泣く寸前だったもん」と漏らした。

 さらにマツコは「多田さんのせいで一気に引いたわ、涙」と、村上は「明るく、ね? 雰囲気を変えてくれて」と補足し、マツコも「多田さんは本当、素晴らしいですよ」と語った。

 そして最後にも、村上が「すごいいいメンタルマネジャー」と多田さんについてコメントし、マツコも「あの子たち、本当にすごい」と2人の関係を絶賛した。

■「フェフ姉さん」がツイッターのトレンド入り

 視聴者からは、「フェフ姉さんは本当にカッコいい、尊敬できる こういうのが自立した女性なんだよ」「フェフ姉さん、前はケラケラ笑いながら見ていたんだけど、キックボクシング始めてからは、ザ・ノンフィクションみたいになっちゃったな」「プロになって、シュートボクシングかRISEかKrushのベルトを取って欲しい」といったフェフ姉さんの健闘に称賛の声が殺到。

 さらに、「フェフ姉さんリアル100円の恋……ほんと真っ直ぐな人なんだろな。笑いもしっかり押さえてくるとこすき」「フェフ姉さんかっこよかったな。次は勝って泣きたいね。危うくもらい泣きしそうになったけど最後の最後で爆笑」「フェフ姉さん変わった部分あってすごいなと思いながらも多田さんとの会話は変わってないなという安心もあり今後も応援しております!」「多田さん相変わらずいい味出してる」といったコメントも寄せられた。

「番組は大いに盛り上がり、“フェフ姉さん”という言葉もツイッターのトレンド入りするほどでした。昔は深酒、ゲーム、風呂に入らないなど、怠惰な生活を送っていたフェフ姉さんですが、キックボクシングを始めたことで体も引き締まり、顔つきも変わってきました。

 そんな彼女の真摯に頑張る姿、変化にたくさんの女性が共感し、涙し、そして多田さんとの絡みに爆笑した結果、先日の『月曜から夜ふかし』は異様とも言えるほどの高い女性視聴率を獲得できたのではないでしょうか」(前出の制作会社関係者)

 フェフ姉さんの“勝利の涙”がいつか見られることを期待したい!

関連リンク

  • 10/13 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます