篠原涼子、次男と一緒に元夫・市村正親&長男・優汰の「初舞台」観劇姿目撃!意味深「美バストピンクニット」の「おひとりさま」帰り!!

拡大画像を見る

 俳優の市村正親(72)が10月10日、『日曜日の初耳学』(TBS系)に出演し、長男・市村優汰(13)の教育論を語った。

 市村は10月7日から始まったミュージカル『オリバー!』で優汰と共演中。主演の市村は子どもギャング団の元締め・フェイギンを、優汰は一味の1人・スネイクを演じている。

 優汰との共演について市村は「これは非常に幸せです」「だって稽古場にいるといるんです。いつも一緒。こんな幸せなことはない」と笑顔で語った。

 優汰は3歳の頃から市村のミュージカルを観劇しており、そのたびに市村は「いつかここに立つんだぞ」とささやき続けていたと明かし、実際にその通りになったことに「しめしめですよ」と嬉しそうにコメント。

 音感については「俺よりママに似ているので、音感がスゴくいい。ママ似なんです。うらやましい」と、元妻で女優の篠原涼子(48)に似ている、と赤裸々に話したことも話題を呼んだ。

 そんな市村と篠原は7月24日に離婚を発表。2人の子どもの親権を72歳の市村が持つことも、当時、世間を騒がせた。

「実は、篠原さんが市村さんと優汰さんの舞台を観劇に来ていたんですよ」

 そう話すのは芸能プロ関係者。別れた妻の篠原が、10月9日土曜日の17時30分からの公演を観劇するために、東京・渋谷の「東急シアターオーブ」を訪れていたというのだ。

「場内が暗転してから、スッと前のほうの席に女性が着席したんです。会場が暗くなってから席につくのは周囲に顔バレしたくない芸能人にとってはよくある行動。篠原さんの座席はいわゆる“いい席”で、関係者席だと思われます」(前同)

■市村正親そっくりの次男と舞台観劇

 篠原は長い髪の毛を後ろで結んでポニーテールのようにまとめ、黒いハットをかぶっていたという。

「上はピンクのタイトめなニットでスカーフも巻いていた。下は細めのジーンズという出で立ちでした。篠原さんの隣、右側の席には篠原さんの関係者だと思われる女性が座っていました。そして篠原さんの左隣には次男だと思われる男の子が座っていました。

 顔は篠原さんというよりは市村さんに似て、目が大きくてくりくりで本当に可愛らしいお子さんでしたよ。その男の子の隣には男性が座っていたいましたが、おそらく篠原さんの仕事関係者でしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

 篠原は次男、仕事関係の男女2人の合計4人で、市村と長男・優汰の舞台を観に来たのだろう。

「舞台が始まると、篠原さんは帽子をとっていました。また、マスク姿でスッピンのようでしたが、それでも篠原さんで相当綺麗な方だというのはすぐにわかりました。次男と顔を見合わせて話しているような場面が何度もあって、本当に仲の良い母と子という感じでしたね。もしかしたら“お兄ちゃんどこで出てくるのかな?”といったことを話していたのかもしれないですね」(前同)

 舞台の冒頭から長男は登場し、ダンスを披露するシーンがあったという。

「次男は市村さん似でしたが、優汰くんは篠原さんにそっくりで、鼻の形は明らかにお母さん譲り。また、背が高くて存在感もありました。第一幕と二幕の間には休憩時間がありますが、そのタイミングで篠原さんを含めた4人は舞台の係員と話していたようでした。終演後に楽屋挨拶に行く段取りを相談していたのではないでしょうか」(同)

■バレてもいい!? 篠原涼子が長男・優汰に全力アピール

 前出の芸能プロ関係者が続ける。

「終演後には、出演者が再び舞台に登場しましたが、優汰さんが出てきたときには、篠原さんは立ち上がらんばかりの勢いで手を大きく振っていて、“ママはここにいるよ~!”とアピールしているようでしたね。

 嬉しさあまってそんな行動に出たのでしょうが、周囲にも篠原涼子だとバレてしまうぐらいの激しさでしたし、バレてもいいぐらい優汰さんへの愛情があふれ出してしまったのかもしれませんね」

 優汰は2018年に父・市村が座長を務める平成市村座に出演しているが、今回の『オリバー!』がミュージカルでの初共演で、本格的な芸能界デビューとなる。

「舞台は7日に初日を迎え、9日は3日目の公演です。平日は次男も学校に行っていますから、学校が休みになる土曜日にタイミングを合わせて一緒に観劇に来たのではないでしょうか」(前同)

 終演後、篠原と次男は楽屋挨拶に向かった様子だったという。

「終演後すぐに篠原さん一行は楽屋に行ったように見えました。私は一行が会場を出たあと、エスカレーターを下って帰ろうとしたのですが、エスカレーターの途中で人に抜かれたんです。で、パッと見たらその人が篠原さんだったんですよ」(同)

 篠原はエスカレーターを足早に1人で下っていったという。

「おそらくですが、次男を楽屋に連れて行って、そして長男の優汰さんに“よかったよ”といった具合に一言二言かけて、楽屋を出たのではないでしょうか。時間的には、楽屋でしっかり話し込むような時間はなかったはずです。篠原さんは市村さんに会っていない、もしくは会ったとしても挨拶程度だったと思われます。

 2人は離婚しましたが、子どもたちにとっては父親、母親であるという役割は今でも変わっていない。親権は市村さんですが、当然、篠原さんも子どもたちは可愛くて仕方がない。だからこそ、優汰さんの雄姿を見たかったのでしょう」(同)

 そして、終演後の優汰に向け「バレちゃうよ」と思うほど、思いきり手を振ったのだろう。

■篠原涼子にはグァンスとの不倫疑惑も報じられ……

「母親としての思いがあふれ出た感じでしたが、1人で帰って行く姿には寂しい、悲しいといった印象もありました。それと同時に篠原さんの色っぽさは凄まじかった。

 ピンクのタイトめのニットは豊満なバストがくっきりとわかるようなシルエットでしたし、細目のジーンズもよく似合っていました。“あんなに胸大きかった?”と思うほど目立つ感じでしたが、とにかく、“現役のオンナ感”がもの凄かった。母親であり、恋する女でもある、それが今の篠原さんなのかもしれません」(前出の芸能プロ関係者)

 離婚発表直後から、篠原については熱愛疑惑が複数報じられている。

 8月5日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、篠原と韓国のボーイズグループ・SUPERNOVA(旧:超新星)のメンバー・グァンス(34)の不倫疑惑が報じられた。

 8月18日発売の『週刊文春』にも篠原とグァンスに関する続報が掲載されたが、記者から篠原の不倫について問われた市村は「ないじゃん!」と疑惑を真っ向から否定している。

「ただ、その後もさまざまな詳細が報じられ、市村さんの耳にも入っていたはずです。篠原さんを信じたいと思っていても100%まっさらな気持ちで向き合えるかというと難しそうです。それは篠原さんも同様でしょう。

 大人同士ですから割り切ってはいるのでしょうが、離婚しているわけですからね。舞台を観劇しても、元夫婦の2人が楽屋でじっくり話し込むことはないんでしょう。一方で子どもたちは可愛いし、これからもしっかり育てていきたいことは伝わってくる、そんな観劇姿でしたね」(前同)

 長男・優汰、そして、兄の立派なデビューを共に観劇した次男の成長を、篠原は心から願っているのだろう――。

関連リンク

  • 10/13 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます