Snow Man深澤辰哉「1時間で全完売」『anan』単独表紙のウラ激白!「いいのか、最近、深澤かっこいいの?」“おふざけ”から“イケメン”にキャラ変更か?

拡大画像を見る

 10月7日に放送された、Snow Manの冠ラジオ番組『Snow Manの素のまんま』(文化放送)で、深澤辰哉(29)が女性誌『anan』(マガジンハウス、9月29日発売)の表紙を単独で務めることが決まったときの、メンバーの反響や撮影の舞台裏などを語っていた。

 今回の放送は深澤と阿部亮平(27)の同期コンビで、4月以来、半年ぶりの3度目。収録当日(9月22日)は深澤が同誌の表紙を務めることが発表された日で、さっそく、阿部が「YouTubeで“『anan』の表紙”と言っていたことが現実になりましたね」とい、リスナーからの祝福メールを紹介した。

 そして、リスナーの「Snow Manの皆さんのリアクションがどうだったのか教えてください」という質問に、深澤は「阿部ちゃんからは撮影の朝、行く前に“今日撮影がんばってね”みたいな連絡してくれたりとか、けっこうみんな普通に“マジで! よかったね”みたいな」と振り返った。

 また、Snow Manはスケジュールが共有されているそうで、深澤は「俺はドッキリだと思ったんだけど、マネージャーさんに聞いたら、“いや本当だよ”みたいな。“マジで!?”って言って。そしたら、俺よりもメンバーのほうがビックリしてたから。“えっ!?”みたいな」と告白した。

 続けて、深澤は、表紙を見た目黒蓮(24)から夜中に「めっちゃ盛れてるじゃん」と連絡が来たため、「あぁ、ありがと」と返事したと照れたような口調で明かした。そして阿部が「めっちゃかっこよかった」と同意すると、「本当にうれしい限りです」と喜んでいた。

■カッコいい路線にとまどいも

 また、初めての単独撮影について、深澤は「あんな疲れるんだって思って。めちゃくちゃありがたいし、うれしいんだけど、大変なんだなってあらためて思った。ビビっちゃったよ」と告白。阿部が「で、どうだったの? 自信的には」と問うと、「わかんねぇな。でも、正直言うと、カッコいい」とキッパリ。

 そこで、阿部が「どこでドッキリじゃないって分かったの?」と問うと、深澤は「現場に行くんだよ、スタジオじゃないわけ。“どこ、ここ? ドッキリ説濃厚?”みたいな。で、部屋に入ったら、カメラマンさんとか知ってる編集さんがいて、そこでやっと本当なんだって分かった」と明かし、赤飯を炊いて祝いたいと阿部と語り合っていた。

 Snow Manの中ではおふざけキャラの深澤にとって、今回の単独表紙は意外な仕事だったようだ。9月24日深夜放送のラジオ番組『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)に出演した際、自分のキャラとのギャップに悩んでいたことを明かしている。

 表紙の写真を見た設楽統(48)が「めちゃめちゃかっこよくて、深澤くんじゃないみたいだった」と、ふだんのイメージと違うと驚くと、深澤は「加工もしてないですからね」とし、続けて、「『anan』の表紙やらせていただいたりとか、来ちゃっているんですよ。それが悩みというか」と語り始めた。

 深澤は、同誌はセクシーな人やカッコいい人が出ているイメージだが、自身はふだん三枚目でやっているため、「いいのか、最近、深澤かっこいいの?」と考えたと告白。将来的にはMCや体を張った仕事をしたいのだが、周囲が“かっこいい路線”にしたがっており、自分が思っているキャラとのギャップに悩んでいると明かした。

 深澤が表紙を飾った同誌は、ネット書店では予約開始から1時間以内で全ネット書店が完売。29日の発売当日には、全国の書店やコンビニで完売店が相次ぎ、追加注文が殺到。完売店続出の品切れ状態を受け、緊急重版することが決定したという。この反響の大きさを受け、深澤の“かっこいい路線”はしばらく続きそうだ。

関連リンク

  • 10/13 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます