「いい試合ができた」長友、失点場面を分析「みんなで確認して…」

拡大画像を見る

 日本代表DF長友佑都が、12日に行われたFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選・グループB第4節オーストラリア戦後のメディア対応に臨んだ。

 日本は8分に田中碧のゴールで先制すると、69分にフリーキックから失点して同点に。86分に浅野拓磨のシュートが結果的にオウンゴールを誘い、勝ち越しに成功。日本は2-1でオーストラリアに勝利を収めた。

 85分までプレーした長友は、試合を振り返り「攻撃の時は僕自身が高い位置を取って相手のサイドバックを困らせるっていうところで、いい感じで左サイドを崩せていましたし、攻撃にも絡めていましたし、いい試合ができたんじゃないかなと思います」と述べた。

 日本は7日のサウジアラビア代表戦からスタメンを3枚変更し、守田英正と田中を中盤で抜擢。長友は4-3-3での布陣について「メリットとしてはやっぱり二人が入って、中盤でタメができたり、ボールを持てる時間が増えたな、というのは感じています」と好感触を得られた模様だ。

「そこでタメができたりとか、時間がつくれるので、僕自身が高い位置を取れたりとか、僕が高い位置を取ることによって、中に入った南野がフリーになれたり、大迫と近い距離感でプレーできたりというところで、すごいそういう部分はメリットでよかったんじゃないかなとは思います」

 また、長友は失点場面について「あの失点シーンはみんなで確認して見たんですけど、結論は僕があそこでサイドバックに出て、冨安がずれて、麻也がスライドするっていうことができれば問題なかったっていう結論には選手たちではなった」と述べ、次のように振り返った。

「ただ、僕自身ももっと縦を切っていればもしかしたらやられなかったかもしれない。冨安もやっぱりちょっと麻也との距離があったので、そこの間で自分がサイドの選手にスライドしていいのかどうかっていうのは迷ってしまって。ただ選手のなかで話したのは、あれはトミと麻也がずれて、僕がサイドバックに出て、全体的にズレるという話し合いはしました」

 日本が勝ち越した得点シーンについて長友は「相手がバテてているなかですごく裏を突けていたりとか、通っていればビッグチャンスになっていたっていうようなシーンもありました。そういったことをやっぱりチームとしてやり続けられた。そして選手個々のストロングの部分をしっかりとみんなが理解して、勝負をかけ続けられたっていうのが、あそこの点が入った要因なのかなと思う」として「あそこは本当に、みんな気持ちで『入れ!』って思ったと思いますけど、そういう気持ちが2点目につながったと思います」と振り返った。

関連リンク

  • 10/13 4:51
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます