鮮やかなスカーレットの和式豪華客船「御座船安宅丸」が遊覧船として神戸港に初登場!

拡大画像を見る


鮮やかなスカーレットの和式豪華客船「御座船安宅丸(ござぶねあたけまる)」が、10月16日(土)より、神戸港遊覧船として営業運航を開始する。

東京湾での役目を終え神戸港に入港

「御座船」とは、江戸時代の参勤交代の際に将軍や大名が使用した豪華な船のこと。

「御座船安宅丸」は、1988年の瀬戸大橋開通を機に、1986年7月、瀬戸内海に就航した船。2011年4月からはその活躍の場を東京湾に移し、約10年にわたり将軍家光の御座船安宅丸が東京で蘇る、として東京湾の遊覧船として運航してきた。

今年6月7日、東京湾での役目を終えた同船は、大阪・関西万博を控えた神戸港に入港。そしてこの度、満を持して新天地での運航を開始することとなった。

船内は2艙構造となっており、様々なイベントに十分対応可能な設備を有している。

温もりのある木を使った品格のある空間

JR九州「ななつ星in九州」や、しなの鉄道「ろくもん」のデザイナー、水戸岡鋭治氏が手掛ける「御座船安宅丸」の船内は、温もりのある木をふんだんに使った品格のある空間。乗船する全ての人を、優雅な海遊絵巻の世界へと案内する。

乗船案内は各便15分前より開始

出航時刻は、10:15/11:15/12:15/13:15/15:15/16:15/17:15。乗船案内は、各便15分前より開始される。

料金は大人1,300円(税込)、中高生・シルバー1,100円(税込)、小人650円(税込)。6歳未満の子どもは無料だ。

初便に乗船した先着100名に御船印プレゼント

また、運航初日、10月16日(土)10:15の初便に乗船した先着100名には、「御座船安宅丸」就航記念で制作する御船印がプレゼントされる。

この機会に、神戸港に鮮やかに映える和式豪華客船で、情緒あふれる港町神戸を船上から楽しんでみては。

  • 10/12 18:54
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます