私立恵比寿中学 中山莉子、全力で6度目の生誕ソロライブ完走

私立恵比寿中学(エビ中)の中山莉子が、6度目の生誕ソロライブとなる「中山莉子の生誕祭。」を12日、東京・台場のZEPP DIVERCITYにて開催した。

 

ライブは中山ソロバージョンのebitureに乗せて、本人がさわやかなブルーの衣装を身につつみ登場。1曲目の『ハイタテキ!』では安定の『惚れた!』を決めて、吉澤嘉代子の『鬼』のカバーという意外な選曲につなげる。最初のMCでは「(今日は)誕生日っていう感じがしないので、(当日の)10月28日はすごいお祝いしてください!」とあいさつし、そのままいきなり質問コーナーに。中山らしく名回答を連発し、『コミックガール』へ。続く奥田民生のカバー『愛のために』は生演奏であった「ちゅうおん」バージョンで熱唱。

 

ここでVTRでメンバーの安本彩花と小林歌穂が登場。エビ中の曲や中山の過去の発言にちなんだクイズを中山に質問。なんなく答える中山は4問すべて正解という抜群の記憶力の良さを見せた。


続いて全編鎌倉ロケによるスペシャル映像に乗せて『summer dejavu』が流れる。この映像は22時より『「summer dejavu」中山莉子生誕祭ver』としてオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されている。


『さよならばいばいまたあした』をしっとりと歌いはじめ、ライブは後半パートへ。曲中で生誕祭を自ら毎回プロデュースしていることへの熱い想いを語り、本編ラストはねごとバージョンの『空も飛べるはず』で締めくくった。


最後のMCではこれまでの生誕祭とは違って、いろいろなスタイルで歌が歌えたことに感謝しつつ、感極まって涙する場面も。21歳の抱負を語るシーンでは「個人(ソロ)でがんばっていくことで、エビ中にお返ししたい。」という溢れるエビ中愛を語った。

 

アンコールは雰囲気が一変。お得意のバトンをもって『ペコペコリーヌ』を披露。『報連相ファンク』『オメカシフィーバー』という中山莉子ポップワールド全開で一気に駆け抜け、「すごい、楽しかった!本当にありがとう!」というMCで今年の生誕ソロライブを大成功で締めくくった。

 

エビ中は、9月に開催された「ちゅうおん2021」のライブCDの発売、および年末恒例の大学芸会の開催もアナウンスされている。

 

関連リンク

  • 10/12 22:20
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます