宝塚星組新人公演 天飛華音2度目の主演「景色が違いました」

拡大画像を見る

 宝塚歌劇星組「柳生忍法帖」の新人公演が12日、兵庫・宝塚大劇場で上演され、天飛華音(あまと・かのん)が2度目の主演を果たした。

 天飛にとっては研4で抜擢された「GOD OF STARS-食聖-」(2019年)以来、2度目の主演となった。星組にとってもコロナ禍のため1年8カ月ぶりの新人公演。柳生十兵衛を演じ「前回は研4でしたが、いまは上から2番目の学年。景色が違いました」と振り返った。

 今回は「男らしい正しい発声法がまだできなくて、声をダメにして…稽古場でも迷惑をかけてしまった」と悔しそうに振り返った。だが舞台度胸も抜群で、落ち着いた芝居を披露した。また歌の場面でも、声の不調に悩んだとは思えないほど朗々と歌い上げた。本役で星組トップスターの礼真琴からは「絶対できる。大丈夫!」と声をかけてもらったことも明かした。

 ヒロインを務めたのは研5の瑠璃花夏(るり・はなか)。「緊張していたのですが、後半のお芝居には集中できました」と笑顔。美しいソプラノを響かせた。

 また新公最高学年の碧海さりおは「1年8カ月ぶりの新人公演で、今回初めて参加した生徒も。課題は山積みですが、全員で努力したい」とあいさつした。

関連リンク

  • 10/12 21:26
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます