気付かせたい人へ「別れたい前兆」を男性に伝える方法まとめ

拡大画像を見る


彼氏と別れたいと思っているものの、彼氏が自分のことを溺愛しているのを感じるとなかなか言い出すことができないですよね。また、自分から別れたいと言うことで引き留められるのも面倒だと思うこともあるでしょう。
もう別れたいと思っていることに勘づいてくれたらいいのにと思うこともありませんか?
そこで今回は、別れたいという前兆を出していることを男性に伝える方法について紹介します。


連絡を控える

今までは付き合っているから頻繁に連絡をしていたというカップルもいますよね。その連絡の頻度を下げましょう。最初は彼氏から「なんで連絡しないの?」と不満を持たれることもあります。
しかし、連絡を控えることを続けていれば彼氏も「別れたいのかな?」と思ってくるでしょう。「連絡がないなら別れるよ」と言われることもありますが、そのほうが都合がいいと感じられますよね。


会わないようにする

別れたいと思っているのにデートをしていると相手は別れたいとあなたが思っていることに気付きません。むしろ、今まで通りのいい関係を築けていると感じるでしょう。
そのため、別れたいことを勘づかせるためには会わないことです。「友達と約束がある」「家族と集まる」などのように色んな予定を入れて忙しくしましょう。


冷たくする

別れたいと思っているのなら優しくするほうがある意味残酷だと思いましょう。そのため、スムーズに別れるためにも彼氏に対して冷たい態度をとってください。
冷たくすることで彼氏はあなたの気持ちが離れてきていることをちゃんと理解することができるでしょう。ショックは受けさせるでしょうが、早く別れてお互いに違う道で幸せになることができると思ってください。


別れを口にしてみる

「もし別れたいって言ったらどうする?」とか「別れたら友達に戻るのかな?」などのように「別れ」というのを口にしてみるとあなたが別れたいと思っていることが伝わりやすくなるでしょう。
「別れ別れって言うけど別れたいと思っているのかな?」と相手は思います。時には「別れたいから言っているの?」と聞かれることもあるでしょう。


別れたいときは前兆を相手に気付かせよう

別れたいと思ってもなかなか言い出せないときは、相手に別れたいと思っていることを気付かせてください。別れの前兆に気付いてもらうことで別れやすい雰囲気に持っていくこともできますよ。(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/12 21:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます