ももクロ玉井詩織、番組収録中に右手人差指負傷 全治1ヶ月と診断

【モデルプレス=2021/10/12】アイドルグループ・ももいろクローバーZの玉井詩織が番組収録中に右手人差指を負傷したことを12日、有料動画配信サービス「Paravi」を運営する株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが発表した。

◆玉井詩織、番組収録中に負傷

株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパンは「このたび、『ももいろクローバーZ』の玉井詩織さんが、収録中に右手人差指を負傷するという事故が起きました」と発表。

玉井は収録中、大型車のタイヤを外す手伝いをするという場面で、タイヤとナットの接合部に右手人差指第一関節を挟み負傷。全治1ヶ月と診断されたという。

また玉井はももいろクローバーZ公式サイトにて「皆さんご心配おかけしてすみません。突然の怪我で私も動揺しましたが今は適切な処置をしてもらって落ち着いてます」と現在の様子を報告。

「あとは人間の治す力を信じてたくさん栄養とって早く治すので、もう少しご心配おかけしてしまいますが待っててください。皆さんも怪我には気をつけてください」と呼びかけている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/12 20:45
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます