YouTubeで告白 “実刑4年”衆議院議員・秋元司氏、カジノ事業汚職事件の無罪主張「私は被害者であります」証拠も公開

【モデルプレス=2021/10/12】IR=統合型リゾート事業(カジノ)を巡る汚職事件で、収賄と証人等買収の罪に問われている衆議院議員の秋元司氏が12日、公式YouTubeを更新。公判での実際の証言に基づき「1人の人間として」事件の真相を語っている。

◆秋元司氏、無罪を主張

約40分間の動画で秋元氏は、事件の概要から裁判に至るまでの経緯、疑いのある行為があった当日の動きなどを個人名や金額など具体的に告白。現在東京地裁から実刑4年と言い渡されているが、無罪であることを強く主張し「私は被害者であります」と訴えかけた。

◆事件が起こった経緯

さらに事件が起こった経緯について話が進められると、秋元氏側が首謀者としている紺野氏と仲里氏が「日本はまだ収賄社会」「献金で抱きかかえる」「競合他社が政界に相当のお金をバラ撒いた」と中国企業側を煽ったとして、この巧妙さに秋元氏は「見事なまでの詐欺師」と発言する。

また、裁判について「結論ありきの裁判」と言い、秋元氏側からの無罪を証明する決定的な証拠は全て無視されたと主張。続けて秋元氏は判決の日に「公人としての倫理観は愚か、最低限の順法精神すら欠如している」と突きつけられたことに難色を示した。

◆秋元司氏、事件への関与否定

さらに客観的な証拠として、当日のスケジュール表、行動履歴の裏付けとしてスマートフォンに搭載されているヘルスケアの画面を動画内で公開。自身の犯行、関与は不可能だとして改めて事件への関与を否定し、無罪の理由を説明する。

最後には「皆さんにお伝えしたいことが山のようにある。これからも諦めることなく、発信を続けて参ります」と呼びかけ、コメントも受け付けし返信しますとして動画を締めくくった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/12 20:06
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4

記事の無断転載を禁じます