俳優・伊藤健太郎が復帰後初めてメンズファッション誌の表紙を飾る。インタビューで語った自身の行いへの想いや新たな決意とは

拡大画像を見る

俳優の伊藤健太郎さんが、10月13日(水)発売の「Rudo(ルード)」秋冬号の表紙に登場します。

伊藤健太郎さんは1997 年生まれ、東京都出身。モデルとして活動をスタートし、2014 年のドラマ「昼顔~平日午後3 時の恋人たち~」にて役者デビュー。2021年10月28日より公開される舞台「SOULFUL SOUL」にて主演を務めます。

活動自粛から復帰後初のメンズファッション誌出演となる伊藤健太郎さん。誌面ではさまざまなファッションを着こなしているショットが掲載され、インタビューでは自身の行いを真摯に受け止めていることや、胸に秘めた新たな決意など、伊藤さんの率直な想いを赤裸々に語っています。

また、今号の特集テーマは「ファッションは生意気くらいが丁度いい。」。人気ストリート系ブランドのみならず、ハイブランドなども多く掲載。また、「なんとなく昭和感」特集では、どこか新鮮に映る昭和テイストデザインのウェアを紹介しています。

そして今号には複数の人気アーティストがモデルとして登場。シンガーソングライターの優里さん、グラビアアイドルの森咲智美さん、BRAHMANのメンバー、全裸監督のモデルとなったAV 界の帝王・村西とおるさんなど、各界のキーパーソン達が誌面に登場します。

伊藤健太郎さんが表紙を飾る「Rudo」秋冬号は10月13日(水)発売です。

RUDO(ルード) 2018年6月号 (発売日2018年04月24日) マガジン・マガジン
Fujisan.co.jpより
  • 10/12 19:40
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます