ユーヴェが今冬V・デ・ベークの獲得を狙う…すでに代理人とは接触とも報道

拡大画像を見る

 ユヴェントスは、マンチェスター・Uに所属するオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークの獲得へ動き出しているようだ。11日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 今回の報道によると、ユヴェントスは来年1月の移籍市場でV・デ・ベークを獲得すべく、同選手の代理人と交渉を開始したという。同クラブは、2020年9月にアヤックスからマンチェスター・Uへ移籍してから出場機会に恵まれていない同選手を、長く評価しているようだ。

 また、同メディアは2019年7月にアヤックスからユヴェントスへ完全移籍したDFマタイス・デ・リフトの存在をキーマンとして挙げており、プライベートでも親友だというV・デ・ベークが移籍する要因の一つになると予想。なお、今冬のユヴェントスへの移籍は、買い取りオプションまたは義務を伴う期限付き移籍でのみ実現可能だとも伝えられている。

 今シーズンもここまで公式戦3試合の出場に留まっているV・デ・ベークだが、果たして新天地を求めることになるのだろうか。

関連リンク

  • 10/12 19:13
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます