コムドット・やまと著『聖域』に苦情相次ぐ!? 写真集は“山P超え”も……Amazon「星1」評価の意外な理由

拡大画像を見る

 チャンネル登録者数244万人を誇る5人組YouTuberグループ・コムドットの勢いが止まらない。8月31日に発売されたリーダー・やまとのエッセイ『聖域』(KADOKAWA)は、出版取次会社「トーハン」の週間ベストセラー(10月5日発表)で首位となり、発行部数は22万部を突破。さらに、12月2日に発売予定のグループ初の写真集(タイトル未定、講談社)も予約が殺到しているという。

「写真集は、5人が表紙に揃った通常版のほかに、表紙にメンバーそれぞれのソロカットを使用した5種が発売されるとか。10月12日午後1時現在、Amazonの『本の売れ筋ランキング』では通常版が3位につけているほか、『聖域』も4位にランクイン。山下智久の写真集『CIRCLE』(11日25日発売、講談社)豪華限定版を一時的に上回ったことから、ネット上の一部ファンが『コムドットが山Pを超えた!』などと盛り上がっていました」(芸能ライター)

 なお、ソロカットバージョンの同ランキングは現状、ゆうたバージョンが7位、やまとバージョンが11位、ひゅうがバージョンが46位、ゆうまバージョンが67位、あむぎりバージョンが184位。価格は全バージョン1,980円(税込)で、ネット上には「全バージョン、絶対ゲットしたい」「全員の表紙を部屋に並べたい」と書き込む熱心なファンも見られる。

「発売記念イベントや特典の有無は今のところ発表されていませんが、今月24日に『聖域』の出版記念オンラインイベントが開催されることから、写真集もなんらかのイベントが開催される可能性があります。なお、『聖域』は1,000円のイベント視聴チケット付きのほか、3,500円のサイン本付きチケット、6,500円の特製オリジナルブックカバー付きチケット、さらにその両方が付いたセットも7,900円で販売されており、SNS上では『特典付きの「聖域」買ったから、写真集買うお金厳しい!』『6,500円で「聖域」ゲット。もう写真集買うお金ないよ~』など、金欠を訴えるファンも目立ちます」(同)

 『聖域』のAmazonレビューでは、72%ものユーザーが最高評価である「星5つ」を付けており、「夢が見つからない人、自己肯定感が低い人は絶対に読むべき」「熱中するということへの思いを呼び覚ましてくれた。ありがとう!」「入りからおもしろすぎて笑いが止まりませんでした」といった絶賛コメントが並んでいる。

「その一方で、最低評価である『星1』を付けたユーザーも15%と少なくありません。そのレビューには、読んだのか疑わしい“荒らし”のような書き込みから、『結果が出たからこういう突飛なこと言えるんだろうな』『これを日本の未来を担う若者が読むと考えると、とても心配』『書いてることが浅すぎ』などの厳しい意見も。ただ、『星1』にはAmazon限定特典のランダムトレカが『入ってなかった』という苦情も多く、もしAmazonや版元に不手際があったとしたら、やまとには気の毒な状況ともいえそうです」(同)

 6月にニュースサイト「文春オンライン」が報じた「31人YouTuber飲み会」に一部メンバーが参加していたほか、先月発売の「フラッシュ」(光文社)にメンバーが連日深夜にコンビニにたむろし、警察に通報されていたことが報じられた影響もあってか、ここ数カ月はチャンネル登録者数の伸びが「鈍化している」とも指摘されるコムドット。やまとは年内にチャンネル登録者数300万人達成を目標に掲げているが、果たして……。

  • 10/12 15:45
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます