イライラしないで!不機嫌アピール義父に初めて反撃すると…/フキハラ夫の向き合い方(4)【夫婦の危機 Vol.136】

■前回のあらすじ
自分の思い通りにならないと不機嫌になってしまう夫とまったく同じ態度をとる義父。その義父の態度怯えた娘の結が、自分は何もしていないのに謝り始めてしまう。そこで碧は…。
これまで義父に対して、何か感情的に言ったり、意見をしたことがなかった私。

しかし夫や義父の出す不機嫌アピールを浴びてしまった娘の怯えた様子を見て、今の状態を放置していることは私自身も娘を傷つけている原因のひとつになるのだと自覚しました。



これまで義父に何か自分の要求を伝えるなどしてこなかった私の反撃に義父は驚いたようでした。でも義父も夫の態度も、それは自分より弱い相手にただ自分の感情をぶつけているだけだと思ったのです。

そんな私の行動になんと援護射撃が…。





いつも明るくお義父さんの相手をし、お義父さんの要求を完璧にこなしている義母。だからこそ私の発言に賛同してくれるとは思ってもみませんでした。

「不機嫌を態度に出すこと」が周囲に威圧感を与えているのを理解していない夫と義父に対して、義母が伝えたのは…。


※この漫画は実話を元に編集しています

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/12 18:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます