ファミリーマート岩槻駅店 無人決済コンビニにリニューアル 10月12日オープン

拡大画像を見る

 東武鉄道と東武商事、ファミリーマートは、TOUCH TO GOが開発した無人決済システムを導入した実用化店舗として、「ファミリーマート岩槻駅店」を10月12日にリニューアルオープンした。

 岩槻駅は、埼玉県内の東武アーバンパークラインにおいて乗降人員が3番目に多い急行停車駅。ウォークスルー方式の無人決済システムによって、スピーディで快適な買い物体験の提供と店舗オペレーション省力化を目指す。アクセスは東武アーバンパークライン岩槻駅すぐ、住所は埼玉県さいたま市岩槻区本町1丁目1-1。営業時間は6時~22時。
 仕組みは、設置したカメラなどの情報から、入店した顧客と手に取った商品をリアルタイムで認識し、出口付近の決済エリアに立つと、タッチパネルディスプレイに自動的に購入商品と合計金額が表示されるので、現金もしくは電子マネー・クレジットカードで支払う。
 TOUCH TO GOは、JR東日本スタートアップとサインポストの合弁会社。西武鉄道は今年8月に、TOUCH TO GOが開発した無人決済システムを導入した駅ナカコンビニ「トモニー中井店」をオープン。またTOUCH TO GOは、新たに極小地向け無人決済システム「TTG-SENSE MICRO」を開発、1号店がオープンした。「無人決済店舗」は、従来はコンビニ出店が難しかった場所、人材不足の過疎地、自動販売機しか置けない程度の極小地などでも物販が可能になる技術として期待されている。

関連リンク

  • 10/12 17:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます