未知やすえ 異例の3警察合同の一日署長 取り締まりたいのは夫・内場勝則「飲み過ぎ」

拡大画像を見る

 吉本新喜劇の女優・未知やすえ(58)が12日、出身地・大阪府東大阪市の布施警察、河内警察、枚岡警察3署の一日警察署長を務めた。

 東大阪の特殊詐欺被害防止広報動画に出演している未知は、関係者も「聞いたことがない」という3警察合同の一日署長という大役に「東大阪を代表したなという感じ。いい町であってほしい」と思いを明かした。

 指揮を執った特殊詐欺被害防止広報活動出発式では「吉本新喜劇の永野芽郁です」とあいさつしたが、もちろん反応はなく「誰もコケんね」と笑わせた。さらに、眼前の署員を指さし「怖い顔。仕事ですもんね」とボケをかました。

 また、取り締まりたい新喜劇メンバーには夫の内場勝則(61)を挙げ、「コロナ禍でみんなマジメになってるけど、一番目に付く。お酒の飲み過ぎ。家飲みが増えて、缶ビールの量がハンパじゃない。内場君とは部屋が別々で家でも一番遠い。何本買うたか、飲んだかわからないけど、ゴミの日の空き缶を見てビックリする。体のことを考えて控えていただきたい」と訴えた。

 特殊詐欺に気をつけて欲しいメンバーはMr.オクレ(68)と末成映薫(74)いい、「オクレ兄さんはひとり暮らし。映薫姉さんはひっかかりそう。通販でもすぐ買う。人を疑わない。2人には個人的に伝えたい」と署長らしく誓っていた。

関連リンク

  • 10/12 16:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます