【秋華賞 注目馬】アカイトリノムスメ虎視眈々 最後の1冠で母子制覇狙う

拡大画像を見る

 10月17日に阪神競馬場で行われる秋華賞(3歳牝・GI・芝2000m)に出走予定のアカイトリノムスメ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)。

 同馬は父ディープインパクト、母アパパネ、母の父キングカメハメハで、父・母ともに三冠馬という血統。通算成績は6戦3勝。

 新潟芝1600mの新馬戦こそ7着と敗れたものの、未勝利・赤松賞(1勝クラス)・クイーンC(GIII)と東京芝マイルで3連勝。GI初挑戦となった桜花賞では4着に入った。

 前走のオークスでは、最後の直線で馬群の内側から鋭い伸びを見せるも、ユーバーレーベン(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)に外から差され惜しくも2着に敗れる。

 春2冠の雪辱を果たし、最後の1冠で母子制覇を成し遂げることができるか注目したい。鞍上は戸崎圭太騎手を予定している。

関連リンク

  • 10/12 16:23
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます