ヒロド歩美アナ「とらほー!」 阪神ドラ1・森木と2ショット披露

拡大画像を見る

 テレビ朝日系「熱闘甲子園」などで知られる朝日放送のヒロド歩美アナウンサーが11日、インスタグラムを更新。ドラフト会議で阪神が1位指名した高知・森木大智投手との2ショットを公開し、「とらほーーー!!」と歓迎した。

 この日、阪神を思わせる黄色いパンツで森木投手を取材していたヒロドアナ。「阪神タイガースドラフト1位指名、おめでとうございます」と祝福し、「会見前にお話した時は『しっかり眠れましたが、授業中はソワソワしてましたねぇ。名前呼ばれても表情崩さずに頑張ります!』と意気込み挑んだドラフト会議、指名されないのではという不安があったそうですが、名前が呼ばれた時はホッとしたそうです」と伝えた。

 また、「ドラフト会議始まってから終わるまでどんな感情が蘇ってきましたか?」との質問には“悔しさ”と答えたという。「甲子園に行けなかったこと、これまでの挫折など、それをバネにしてプロ野球選手として活躍する森木選手を応援しています!」とヒロドアナ。「ちなみに、小さい頃の森木少年は『僕は宇宙を守る』と言っていたそうです ここからは甲子園のマウンドを守る森木くん!」と幼少期のエピソードを披露した。

 運命の一日に密着し、「本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝。「あと、いろんな私の想いを込めて黄色いパンツで行って本当によかったと自分を褒めたいです」とつづり、「最後に阪神ファンとして言わせてください。『やったーーー!!!!とらほーーー!!』」と虎の絵文字を添えた。

関連リンク

  • 10/12 15:04
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます