ベッカム家末っ子ハーパーちゃん(10)、柔道の試合で銀メダル獲得

拡大画像を見る

デヴィッド・ベッカム(46)が現地時間10日、柔道着を着たハーパーちゃんが首から銀メダルをかけて微笑む写真を自身のInstagramに公開した。ロングヘアを三つ編みにして礼儀正しい姿勢で立つハーパーちゃんの背後は、柔道着姿の男性を描いた肖像画が飾られている。

デヴィッドは投稿に「銀メダルの日曜日。僕の小さな柔道スター」と記して、銀メダルとハートの絵文字を添えた。するとさっそくハーパーちゃんの母ヴィクトリア・ベッカム(47)が「ハーパー・セブン、あなたはレジェンドよ! 私達はとても誇りに思ってるわ」とコメントした。

さらにフォロワーからも「おめでとう!」「よくやった!」と銀メダル獲得を祝う声が続々と届いた。

「驚異的だ! 素晴らしいスターだよ!」
「あなたの娘さんは天使のようね。美しい少女へ、銀メダル獲得おめでとう!」
「凄い! 柔道は最高だよ。」
「柔道の世界ツアーで、ハーパーちゃんを見るのを楽しみにしています。おめでとう!」

ただしなかには、「ベッカム家の役に立たない息子達よりも、彼女にはずっと才能があるよ」と痛烈なコメントも見受けられた。

ベッカム夫妻はハーパーちゃんのほか、長男ブルックリン(22)、次男ロメオ(19)、三男クルス(16)の息子達がいるが、3人はそれぞれ別の分野で才能を発揮している。

フォトグラファーとして活動するブルックリンは現地時間6日に米朝番組の料理コーナーに出演し、得意の腕前を披露した。番組では曾祖母から教わったというイングリッシュ・ブレックファースト・サンドイッチを作ったものの、あまりにも簡単な調理法だったためにSNSでは「ジョークのつもり?」「どうしてわざわざテレビ番組で、基本的なサンドイッチを作ってるの?」と批判するコメントが相次いだ。

次男のロメオは今年9月、父デヴィッドが共同オーナーを務める米インテル・マイアミのリザーブチーム「フォートローダーデールCF」と契約。同月19日にはUSLリーグ1のサウス・ジョージア・トルメンタ戦で、プロサッカー選手としてデビューを果たしたばかりだ。

音楽の才能に恵まれた三男クルスは、11歳の時に歌手デビューした経験がある。現在も音楽に夢中なようで、ベッカム夫妻がそれぞれのInstagramで、クルスがアカペラを熱唱したりピアノを演奏する様子などを披露している。

画像は『Victoria Beckham 2021年8月16日付Instagram「Date night with mummy and daddy」、2021年3月27日付Instagram「The boys are back together!」』『David Beckham 2021年10月10日付Instagram「Silver medal」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 10/12 14:57
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます