ネット配信舞台「うち劇」AKB48が80年代名曲で彩る朗読劇に挑む

拡大画像を見る

コロナウイルス感染者の数は日を追うごとに減少し、 少しずつ舞台公演などのライブエンタテインメントも再開している。来る、 10月16日(土)、 久しぶりのネット配信舞台【うち劇】が決定した。


演目は、 『カラオケミュージカル』タイムリープガール。出演は、AKB48の小田えりな・行天優莉奈・坂口渚沙・下尾みうの4人。14時00分と19時30分、 2回の配信となる。今回も「うちで楽しめるエンターテインメント」うち劇をどうぞお楽しみに。

10月16日(土) 公演
 <概要>
  公演名: 『カラオケミュージカル』タイムリープガール
  出 演:小田えりな / 行天優莉奈 / 坂口渚沙 / 下尾みう
  配信日時:2021年10月16日(土)
        第1部 14:00
        第2部 19:30
  チケット料金:いずれの公演も1公演3,800円

<あらすじ>
女子高生の知世は、 80年代の歌謡曲が大好きで、 その時代の歌しか歌わない。

当然、 同級生と話が合わず、 一緒にカラオケに行く友達もいない。

今日も独りカラオケボックスで、 小泉今日子や斉藤由貴、 小林明子にレベッカなど、 80年代の歌謡曲を気持ち良さそうに歌っている。

話し相手は、 仲の良いカラオケ店員の漆原千絵と、 新人店員のマミだけ。

そこに現れた、 ユーミンと名乗る謎の女子高生。

ぐいぐい絡んでくる彼女を鬱陶しく思う知世だったが、 次第に、 自分と同じく80年代の歌謡曲に詳しい彼女に、 不思議な友情を抱き始める。

ユーミンの正体は誰なのか?知世の友情の行方は?

80年代の名曲たちで彩る、 歌と笑いと感動の朗読劇。

【配役】
 ユーミン役:小田えりな
 漆原千絵役:行天優莉奈
 石野知世役:坂口渚沙
 マミ役:下尾みう

関連リンク

  • 10/12 13:40
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます