日テレ後藤アナが鹿島・三竿と結婚へ「どんな時も温かく優しく寄り添ってくれる」

拡大画像を見る

 日本テレビの後藤晴菜アナウンサー(31)とサッカーJ1・鹿島の三竿健斗(25)が結婚することが12日、分かった。約2年の交際期間を経てのゴールインで、今後、婚姻届を提出する。

 2人は同局を通じてコメントを発表。後藤アナは「私事で大変恐縮ですが、この度鹿島アントラーズの三竿健斗さんと結婚する運びとなりました」と報告し「どんな時も温かく優しく寄り添ってくれる彼と人生の大きな節目を迎えられることを心から嬉しく思っています。日頃支えてくださる皆様への感謝を忘れず、前に進むエネルギーを二倍、三倍にしてお仕事と家庭を両立してまいります」と今後も仕事を続け、家庭との両立への決意をつづった。

 三竿は「いつも前向きで明るく、ありのままでいられる彼女とならこれから色々なことが起こる人生を共に楽しみ、困難も乗り越えられると決心しました。まだまだ未熟者の二人ですが、これからも温かく見守って頂けたら幸いです。今後ともどうぞ宜しくお願いします」とコメントした。

 後藤アナは名古屋市出身で13年に入社。14年から今年9月末まで7年半にわたり同局系スポーツ番組「Going!Sports&News」(土、日曜、後11・55)に出演し、五輪やスポーツイベントを取材。現在は「バゲット」(月~木曜、前10・25)などに出演している。三竿は東京・武蔵野市出身で15年に東京Vでプロとなり、16年に鹿島へ移籍。20年から主将も務めている。

関連リンク

  • 10/12 13:31
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます