菅田将暉、乗馬練習の痛みが入浴に影響「半分溺れてるみたいな状態」

【モデルプレス=2021/10/12】俳優の菅田将暉が11日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/毎週月曜深夜1時~)に出演。乗馬練習に励んでいることを明かした。

◆菅田将暉、乗馬練習の日々で痛み

ラジオ終盤「最近乗馬練習してるからさ、ケツが痛すぎんねんけど」と告白した菅田。

同ラジオは2時間の放送であることから「長時間座るのめっちゃケツ痛いねんけど。今も」と話し、痛みを和らげるためいつもより深く座っていることを明かした。

「お尻の前の方の骨、付け根の方が痛い」という菅田は「風呂立って入らなあかん。座られへん、しんどい。風呂座りたい。とはいえ体浸かりたいから、ケツつかんギリギリでひじで浮かして、半分溺れてるみたいな状態にならんと入られへん」と痛みを感じないための風呂の入り方を説明。

菅田は「まあしゃあないわな。訓練には痛みがつきものやからな」と語っている。

◆菅田将暉、乗馬練習エピソードに反響続々

乗馬練習は、菅田が源義経役として出演する2022年放送のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に向けたものとみられ、ファンからは「乗馬姿見られるの楽しみ」「痛くて大変そうだけど頑張れ」「お尻お大事にしてください」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/12 13:06
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます