城島茂、違和感なしのオカン演技 「サムライカアサン」割烹着姿でホロリと泣かす

拡大画像を見る

 TOKIOの城島茂が主演する日本テレビ系ドラマ「サムライカアサン」が11日深夜にスタートした。初回は「オカンと弁当」「たけしの恋とオカンの愛」の2本立て。城島のオカンっぷりにネットも絶賛の声が上がっている。

 「サムライカアサン」は漫画家・板羽皆氏原作のコメディで現在は集英社「ココハナ」で最新シリーズが連載中。激うざオカンのよい子(城島茂)と、反抗期真っ盛りの高校生の息子・たけし(大西風雅)の日常のやりとりを描く物語で、オカンは割烹着にもこもこパーマが特徴だ。

 第1話では、愛情たっぷり弁当を作ったオカンだが、息子は「いらん」と突っぱねる。それでも無理やり弁当を持たせたオカンだったが、さて掃除…と思った時に、お弁当箱が1つ残っていることに気付き、たけしの高校へ駆け込んでいくも…というストーリー。

 城島の大阪弁丸出しのオカン姿も手伝って、最後のホロリと泣かせる展開も。ネットでは「城島リーダーのオカン役、すごい合ってた」「城島くんってちゃんとオカンに見えるからホンマすごい」「城島ママ最高」「オカンっぷりがすてき」など絶賛の声が相次いでいた。

関連リンク

  • 10/12 12:50
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます