信頼されている先輩となめられている先輩の“決定的な違い”

拡大画像を見る

今回のお仕事ハックは「後輩になめられている気がする」とのお悩みに、ライターのトイアンナさんがアドバイス。

後輩になめられている気がする

後輩によくため口を使われたり、いじられたりすることがあり、「私ってなめられているのかな?」と疑問に思うことがあります。

強く注意をすることが苦手なので、怒ったことは1回もないのですが、私はこの状態のままでよいのでしょうか?

こんにちは、トイアンナです。

後輩からいじられる時……実はこれって、マネジメント上の危険サインです。

私も管理職だから分かるのですが、後輩からって好かれたいじゃないですか。セクハラ・パワハラが多い職場だとなおさら「自分は同じ道を歩むまい」と思いますよね。そして、後輩が喜ぶことばかりやりたくなる。

後輩から好かれるのは喜ばしいことですし、チームの仲がよければ業務効率も上がります。しかし、それと「なめられる」は根本的に違う状態なのです。

■本業以外で親しくされるのはOK

信頼されている先輩と、なめられている先輩。この境目は「仕事で手を抜いても、許されそうかどうか」です。

たとえば、普段から「先輩、その髪型だともったいないですよ。今はこういうのが流行りなんですよ」といじられるだとか、「また経費精算ためてません? 先輩って本当にそういうの苦手ですよね」と、たしなめられる。

これは問題ありません。むしろ、仲良しの範囲に含まれます。

■なめられたら仕事で手を抜かれる

問題は、本業で手を抜いてきた時です。相談者さんは「怒ったことは1回もない」とおっしゃっています。ということは、後輩がやらかした仕事のミスも、ご自身で巻き取ってスルーしてきたのでしょう。

そうすると、後輩は「この人になら、適当な仕事ぶりでもいいんだ」と思われ、手を抜かれるリスクが高まります。

そうして部署のパフォーマンスを下げてしまっているのは、キツい言葉で書きますが、あなたのマネージャーとしての能力不足ゆえです。

本業ではしっかりしていて尊敬でき、それ以外ではちょっと抜けているくらいで親しみやすい。これが理想的なマネージャーの振る舞いです。

■気が弱い先輩でも始められる後輩指導とは

そのためには、本業で問題があった時に、「結構やらかしちゃったね。次回からどうすればいいと思う?」「自分でもしまった、って思ったでしょう。次回ミスを防ぐ方法を一緒に考えよう」といった、ソフトな口調でも、仕事へは厳しい姿勢を見せるフィードバックをおすすめします。

逆に、「なんでそんな事をやったの⁉」「ダメって言ったのに何でやるかなあ……」といった、言葉だけがキツい指導は、かえって軽蔑を招きます。

頭ごなしに言うのではなく、相手自身に改善策を出してもらう指導を始めてみましょう。それならきっと、相談者さんにも始められるのではないでしょうか?

いつしか「あの人は理想の先輩です」と言ってもらえるよう、共に頑張っていきましょう。マイナビウーマンに相談するほど後輩のことを考えられるあなたなら、絶対になれますよ。

Point.

・後輩から本業以外でいじられてもいいけれど、本業もなめられると部署の成果が下がる

・業務ではストイックな姿勢を見せつつ「どうしたら改善できるか」は後輩に考えさせよう

・頭ごなしに注意しても、むしろ軽蔑されるだけ。的確なフィードバックは「仕事に厳しく、言葉は優しく」

(文:トイアンナ、イラスト:黒猫まな子)

関連リンク

  • 10/12 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます