小沢真珠 「牡丹と薔薇」当時は「ブタと言って下さい!」の声かけも

拡大画像を見る

 女優の小沢真珠が12日、フジテレビ系「ノンストップ!」に出演。04年の大ヒットドラマ「牡丹と薔薇」での名セリフにまつわるエピソードを披露し、スタジオを爆笑させた。

 番組では、小沢を一躍有名にしたドラマ「牡丹と薔薇」のVTRを放送。数奇な運命に翻弄(ほんろう)される姉妹の物語で、小沢は姉のぼたんをいじめ倒す妹役。「役立たずのブタ!」「あのイノシシ野郎!」などの過激なセリフは社会現象にもなった。

 バナナマン設楽統は「めちゃくちゃなんですよね」とVTRを見て嬉しそう。小沢は当時について「どこに言っても『薔薇や!』と(言われた)」と振り返り「でもちゃんと『牡丹と薔薇』と言える方が意外と少なくて。『薔薇と牡丹』とか、『薔薇と真珠』とか。大物司会者の方からも『天と薔薇』見てるよと。勘違いされたり」と懐かしそうに語った。

 悪女役が印象的なため「怖がられていた部分もあった」といい「道で『ブタ!って言って下さい』とか言われたり。言ったら引かれるんじゃないかと思ったが、思い切って男の子の集団に『ブタっ!』って言ったら『ヤベえ』って意外と喜んでくれて良かった」と振り返り、スタジオも爆笑していた。

関連リンク

  • 10/12 11:16
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます