朝ドラ クリスマスイブに「定時」で帰されるみーちゃんにネットも「切ない」【ネタバレ】

拡大画像を見る

 12日に放送されたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、未知(蒔田彩珠)と亮がクリスマスイブにバーで2人きりで会うも、やはり亮から「遅くなる」と帰されてしまい、ネットでは「切ない」などの声が上がった。

 この日の「おかえりモネ」では、クリスマスイブの夜、未知と亮が地元の喫茶店兼バーのような場所で落ち合う。未知はデートらしく、おめかしをして亮とお酒を飲み、亮の船購入の話題などを楽しむも、亮から「みーちゃん。もう遅いから送るよ」と家に帰されてしまう。

 夜の仕事場に未知が顔を出したことで驚いた百音は「今日は遅くなるって…」というと、未知は「遅くなんないよ。定時だよ。いつも通りだよ、亮くんは」と泣きそうな表情で訴えると、突然百音へ「(亮と)話をしてみてくれない?新次さんのこととか、船買ってこれからどうしたいとか、誰と一緒にとか。亮くん、お姉ちゃんになら話すと思う」と言い出す。

 百音は「なに言ってんの?」と言うと、未知は「向こうだってそれなりに私のこと、思ってくれてると思う。でも最後、どうしても踏み込めない。踏む込ませてもらえない」と訴えた。

 クリスマスイブの切ないシーンにネットも「みーちゃんは、りょーちんに聞くんじゃなくて、自分の気持ちを伝えて」「クリスマスイブに定時で帰す…りょーちんそれは生殺し」「みーちゃん、店の外に出たら亮くんの腕つかんで『もう少し一緒にいたい』とか言ってみればいいのに」「クリスマスイブに定時で帰されるみーちゃん切ない」など、ヤキモキする声が上がっていた。

関連リンク

  • 10/12 10:10
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます