パッと見で「大人女子」を演出する方法9パターン

大人っぽい雰囲気のある女性に、魅力を感じる男性は少なくないもの。世の男性は女性のどのような仕草や言動に「大人の女」を感じているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「パッと見で『大人女子』を演出する方法」をご紹介します。

【1】長い髪をサッとかき上げる
「キレイな長い髪は大人の女の代名詞だと思う」(10代男性)というように、長い髪をかき上げる仕草は、「大人の女」を思わせる仕草の代表格のようです。すぐにでも実践できることですが、傷んだ髪では様にならないので、定期的にトリートメントをするなど、まずは美髪に整えるよう努めましょう。

【2】サングラスをかける
「目が見えないのがミステリアスでいい」(20代男性)というように、目元が隠れるだけでどんな顔なのかがわかりにくくなり、神秘的な大人の魅力が醸し出されるようです。サングラスは美人度を上げるとも言われるので、初対面の印象をアップするにはぴったりではないでしょうか。

【3】パンツスーツを履きこなす
「バリバリ仕事する女って感じでカッコいい」(10代男性)というように、パンツスーツは「働く女」を象徴するアイテムなので、ビシッと履きこなすことでハンサムな印象になるようです。とはいえ、身長や体形によって似合わない場合は潔く諦めましょう。

【4】美しい日本語を話す
「言葉遣いがきれいな人は大人だなと思います」(20代男性)というように、TPOに応じて正しい言葉を使える人は、それだけでスマートに映るようです。目上の人には淀みなく敬語が使えるよう、日ごろから練習しておきましょう。

【5】待ち合わせ場所で本を読む
「小説を読んでいると知的で素敵だなと感じる」(20代男性)というように、読書をする女性の姿に憧れる男性も多いようです。マンガにもいい作品はありますが、やはり子どもっぽいイメージが強いので、ここは純文学をチョイスしましょう。

【6】品よくナイフとフォークを使いこなす
「きちんとした場所でそつなく振る舞えるのは大人の証拠」(10代男性)というように、ナイフとフォークを上手に使いこなせると、大人としての経験値の高さをアピールできそうです。一度覚えてしまえば一生使えるスキルでもあるので、この機に勉強してはいかがでしょうか。

【7】甘すぎない香水を適度につける
「女の人から香水の匂いがするとハッとします」(10代男性)というように、石鹸やシャンプーではない「大人の匂い」には、男性を立ち止まらせる力があるようです。ただし、香水は毎日つけていると加減がわからなくなることもあるので、つけすぎには十分注意しましょう。

【8】ゴシップ以外の時事ネタを話題にする
「きちんと社会に関心がある人とは話していて楽しい」(20代男性)というように、世の中のことを広く把握しておくと、話題の豊富さが魅力になるようです。ただし、あまり凄惨な事件について話すと場が盛り下がってしまうので、ネタは慎重にチョイスしたほうがいいでしょう。

【9】髪を伸ばして黒く染める
「茶髪の子は子どもっぽい」(20代男性)というように、長く美しい黒髪は逆説的に大人の女の象徴になるようです。ただし、黒髪はきちんと手入れをしないと野暮ったく見えてしまうので、黒髪にしたらマメに美容院に行くよう心がけましょう。

ちょっとした「マイナーチェンジ」で、自分のイメージを大人っぽく変えることができそうです。子どもっぽい自分にコンプレックスを感じているなら、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。(小倉志郎)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/12 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます