本気だったのにな...。カップルが仕方なく別れる4つの理由を解説

拡大画像を見る


相手からいきなり別れを告げられてびっくりした経験はありますか?恋人といえど、相手の考えてることは本人にしかわかりません。
今回はカップルが仕方なく別れる4つの理由について解説します。


異性として魅力がなくなった

付き合う前は男女ともに見た目や発言などに気を付けて相手と接するものです。相手との関係に慣れてくると、だんだんと自然体な本来の姿が見えてきます。心を許せるからといって外見に気を遣わなくなる、辛らつな発言が増えてくると相手に幻滅されることもあるはず。異性として魅力を感じなくなると、自然と距離を置きたくなるのだとか。


一人の時間がほしくなった

どれだけ相手のことが好きでラブラブな関係といえど、一人の時間は必要です。片方が「ずっと一緒じゃないと嫌!」という考えでは、もう一方に大きな負担がかかります。男性はデート以外の時間は基本的にそっとしておいてほしいのだとか。お互い社会人ということも踏まえて、大人なお付き合いができるとよいですね。


結婚が考えられない

いずれ結婚したいと考えている人にとって、相手がふさわしいかどうかは重要です。お付き合いするだけの関係と結婚を視野に入れた関係はまったくの別物。結婚したら経済的に豊かになる、おいしい料理が食べられるなど具体的なメリットがないときびしいかもしれません。日頃から自分のスキルをみがいて、相手にとって希少価値の高い人間になれるよう努力しましょう。


性格や価値観が合わない

最初は好きという気持ちだけで恋愛は成立してしまうもの。時間が経つにつれて相手の性格や価値観が気になってくるでしょう。言葉遣いのわるさや気性の荒さ、考え方がちがいすぎるのが苦痛というカップルも少なからず出ています。性格や価値観の不一致は、ある程度お付き合いしないとわからないので少し厄介ですね。


カップルが仕方なく別れる4つの理由をご紹介しました。初めはだれでも自分をよく見せようと見栄をはってしまうもの。「こんなはずじゃなかった!」とならないように落ち着いて相手を見きわめましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/12 8:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます