日テレ『オモウマい店』バイきんぐ小峠英二の「ワイプ」対TBS『バナナマンのせっかくグルメ!!』日村勇紀の「わんぱく食い」!視聴率爆発「2大グルメ番組」中毒バトル!!

拡大画像を見る

「『バナナマンのせっかくグルメ!!』(TBS系)の調子が非常に良いんです。10月10日の放送回でも高い数字を記録しています」

 こう話すのは制作会社関係者。『バナナマンのせっかくグルメ』は、2014年6月に特番として初めて放送され、2015年4月から7月まで深夜で最初のレギュラー化。その後、2016年10月から2019年3月にかけて日曜18時台で2度目のレギュラー放送。そして、2020年4月から日曜20時台の番組として3度目のレギュラー放送が始まった。

 バナナマンの日村勇紀(49)やゲストが日本各地を訪れ、地元の人から勧められたグルメを堪能するという内容で、10月10日の放送回では、日村が東京都町田市、声優の木村昴(31)が宮崎県日南市、俳優の小栗旬(38)と中村アン(34)が茨城県土浦市をそれぞれ訪れて、ご当地グルメを楽しんだ。

「『せっかくグルメ』の10月10日放送回の視聴率は世帯11.6%、コアが6.9%という数字でした。世帯視聴率も2ケタを超えていて好成績なのですが、特に注目されるのが、今、各局が重要視する13歳から49歳までのコア視聴率。6.9%はなかなか出ない高い数字ですし、『せっかくグルメ』が、若いファミリー層や若者から支持を集めているのがわかります。

 この日の放送は、若年層からの人気が高い裏番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の放送がなかったことも、数字のアップに関係しているかもしれません」(前同)

 絶好調の『せっかくグルメ』だが、どんな魅力があるのだろうか。

「『せっかくグルメ』は、街に設置されたロボットを通じて、出演者が一般人から直接おすすめグルメを聞くシーンがあります。ここで日村やゲストたちは一般人をイジって笑いを取ろうとせず、優しく対応しているんです。10月10日の放送でも、日村が6歳のヤンチャな男の子とやり取りをする場面があったのですが、日村は終始温かい目線で男の子を見守っていて、非常に微笑ましいシーンになっていました」(テレビ誌ライター)

■のんびり番組の申し子? 日村の食べ姿に「わんぱく可愛い」の声

 前出のテレビ誌ライターは続ける。

「また、ロケでは日村自らが運転して移動をするのですが、ロケ地の美しい風景を走るシーンも見どころです。10月10日の放送では日村がPUFFYの『これが私の生きる道』をBGMに町田市内ののどかな並木道を走行しているシーンがありましたが、紀行番組のワンシーンのようで癒やされてしまいました」

 一般人との心温まる交流やドライブシーンも魅力的だが、『せっかくグルメ』と題するだけあって、食事のシーンにももちろん見どころがある。

「日村をはじめ、ゲストたちはとにかく幸せそうに食べるんです。特に日村は食べているときの表情や仕草が豊かで、食べ方も思い切りがあって気持ちがいい。気の利いたコメントがなくても、表情から食べ物の美味しさが十分伝わってきて、非常に説得力があります」(前同)

 日村の食事シーンに視聴者からは、「日村さんの食べ方、わんぱくだなぁ もう夕飯終わってるのに、食べたくなっちゃうよ~」「日村さんが食べてるとわんぱく可愛い」「町田のあらかるとのハンバーグ…美味しそう…日村さん美味そうに食うな」といった声がネットにも寄せられている。

「『せっかくグルメ』は、一般人とのやり取りやドライブシーン、日村の食べる姿にしても、棘がない。番組全体がのんびりとした雰囲気のほのぼのとした番組で、日曜の夜に家族で揃って見るにはピッタリな番組ではないでしょうか。

 日村は、BS朝日で『バナナマン日村が歩く! ウォーキングのひむ太郎』を持っているほど、散歩人としての人気も集めていますが、お笑い色の強い番組より『せっかくグルメ』のようなのんびりとした番組があっているのかもしれませんね」(同)

■小峠の“ワイプ芸”でVTRの魅力がさらに増長

『せっかくグルメ』同様、民放のグルメ番組では『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)も人気を集めている。

「『オモウマい店』は、値段の安さやサービス、提供されるメニューが独特な店を取り上げる番組で4月13日からレギュラー放送が始まったばかり。まだ始まって半年ほどですが、多くのファンを獲得していて、視聴率もめちゃくちゃ高いんです。9月22日は世帯11.6%、翌週28日の放送でも世帯12.2%と好調をキープしています。

 この番組はVTR主体で、ロケ映像が次々と流れ、番組全体にスピード感が生まれる非常に巧みな構成になっています。ワイプで進行役のバイきんぐ・小峠英二(45)が細かくVTRを見て、絶妙なポイントを見つけては的確なツッコミを入れることで、垂れ流しにしているだけでも面白いVTRの魅力が増幅する。ワイプで小峠が出てくるだけでも、かなりのインパクトがありますが、彼のツッコミ力の高さが番組の魅力にもなっていますね」(前出のテレビ誌ライター)

『せっかくグルメ』は日村の“わんぱく食い”、『オモウマい店』は小峠の“ワイプ芸”と芸人の技がそれぞれ光っているようだ。

「少し前まで、民放のグルメ番組では『オモウマい店』が一強と見られていました。しかし、『せっかくグルメ』の大人気ぶりも分かってきた。今後は、この“また見たい”と思わせる特徴を持つ『オモウマい店』と『せっかくグルメ』の2つが、グルメ番組のジャンルを引っ張っていくのではないでしょうか」(前同)

“中毒性”を持つという『オモウマい店』と『せっかくグルメ』の牙城を崩す番組は、今後出てくるのか!?

関連リンク

  • 10/12 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます