ダウンタウン浜田雅功と中居正広が「4時間やっても『鬼滅の刃』以下」!!「打ち切り話」も…『オオカミ少年』と『金スマ』の超深刻「TBS魔の金曜日」!

拡大画像を見る

 テレビアニメ『鬼滅の刃 無限列車編』(毎週日曜23時15分~)が10月10日よりついにスタートした。フジテレビ系列で全国放送された第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」の平均世帯視聴率は10.0%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、同時間帯トップの好スタートを切ったことも大きな話題を呼んでいる。

「23時15分からと深い数字にもかかわらず、コア視聴率も6.9%と、異例とも言えるとんでもなく高い数字となりました」(制作会社関係者)

 テレビ各局は現在、世帯視聴率以上に「コア層」と呼ばれる13~49歳の「コア視聴率」を重要視している。

「日曜の遅い時間でしたが、若い世代、おそらく多くの小学生もリアルタイムで視聴したのではないでしょうか。今後も毎週のように『鬼滅の刃』の高視聴率がニュースになりそうですが、一方で全然ダメな視聴率しか取れない番組もあるんです。それが“TBS魔の金曜日”の番組ですね」(前同)

 かつて、TBSの金曜といえば19時台の『爆報!THEフライデー』、20時台の『ぴったんこカン・カン』、21時台の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』と20%近い視聴率を取る超人気番組が並び、金曜夜は「TBSの1人勝ち」と言われるほど隆盛を誇っていた。

「しかし、ここ数年はこれら3番組の視聴率が低迷。3月には『爆報』が終了し、ダウンタウンの浜田雅功さん(58)がMCを務める『オオカミ少年』がスタート。

 コロナ禍で街ブラロケが難しくなったこと、安住紳一郎アナウンサー(48)が『THE TIME,』のMCに就任することになって『ぴったんこカン・カン』も9月に最終回を迎えました」(同)

■ゴールデン&プライムの番組にもかかわらず、視聴率は絶望的……

 10月8日には19時から『オオカミ少年』の2時間スペシャルが、21時からは『金スマ』の2時間スペシャルが放送された。

「この日の両番組の視聴率がまた壊滅的だった。『オオカミ少年』は世帯視聴率が4.2%、コア視聴率が2.0%、『金スマ』が世帯6.6%、コア2.4%でした。それぞれゴールデンとプライム帯に放送された番組としては絶望的な数字です。

 テレビ各局が重視しているコア視聴率は、2番組合わせても4.4%。6.9%の『鬼滅の刃』の3分の2ほどしか取れていない。4時間放送してこの数字ですからね。両番組がコア層に求められていないことが、明らかになったとも言えるでしょうね」(前出の制作会社関係者)

 約10年にわたって続いた『爆報』が視聴率を落とし、この4月からはダウンタウンの浜田をMCに迎え、SixTONESのジェシー(25)と田中樹(26)がレギュラー出演する『オオカミ少年』がスタートした。

 10月8日の2時間スペシャルには、10月スタートの秋ドラマに出演する豪華俳優陣たちがスタジオに集結。

『日本沈没-希望のひと-』からウエンツ瑛士(36)と比嘉愛未(35)が、『最愛』から吉高由里子(33)と松下洸平(34)が、『婚姻届に判を捺しただけですが』から田辺誠一(52)、高杉真宙(25)が出演した。

「豪華ゲストがそろい踏みでしたが、この日の視聴率も振るいませんでした。『爆報』が終了し、ダウンタウンの浜田さんという超人気MCを投入し、起死回生を図るためにスタートしたと言われる『オオカミ少年』ですが、4月のスタート以来、低空飛行を続けています」(民放キー局ディレクター)

■大スター・浜田雅功&中居正広も『鬼滅の刃』にボコボコ

 8日の『金スマ』2時間スペシャルには、9月27日で活動20周年を迎えたEXILEと三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの総勢18人のメンバー出演し、MCの中居正広(49)も交えて赤裸々トークを展開。

「岩田剛典をはじめ、今をときめくメンバー全員が集結していただけに、ゲストが悪いとはけっして言えない。ただ、『金スマ』は以前から“上の世代向けの内容”と言われてきましたからね。“構成が古い”、“飽きられてきている”という声もあります。世帯視聴率もどんどん落ちてきていて厳しいですが、それ以上にコア視聴率が取れていないんですよね。

『オオカミ少年』もファミリーで見られる番組を目指し、わかりやすいドッキリを仕掛けていますが、現状は若い層にも届いていないようです」(前出の民放キー局ディレクター)

『オオカミ少年』に対して視聴者からは、「初めは見てたんですが、ドキドキ感や感動もなく、暴く内容も、外れても当たっても高揚感が湧かない」「深夜の時いかに面白かったのかわからないが。何回か見てパターンに飽きます」といった声がネットにも寄せられている。

「ダウンタウンの浜田さん、元SMAPの中居さんという、日本芸能界の大スター2人の番組を足しても23時台の『鬼滅の刃』に大きく水をあけられてしまっている。2人が悪いというよりも、番組内容が視聴者に刺さっていないとも言えそうです。

“金曜夜はTBSにチャンネルを合わせない”という段階に入ってきている可能性もある。『オオカミ少年』と『金スマ』は“何をやっても厳しい”といった状況にあるのかもしれませんね……」(前同)

■朝の帯番組の次は“魔の金曜日”に大ナタが振るわれる!?

『オオカミ少年』は4月にスタートしたばかりだが、『金スマ』は今年で番組開始から20年目に突入している。

「『オオカミ少年』のMCはダウンタウンの浜田さんですし、始まったばかりですから早期の打ち切りは絶対にないでしょう。ただ、『金スマ』はすでに役目を終えているとも言えそうです。

 TBSといえば3月には『ラヴィット!』が、10月からは安住アナの『THE TIME,』がスタートするなど、朝の帯番組に大きなメスを入れました。次は忖度なしで、“魔の金曜日”の改革に乗り出す、とささやかれていますね」(前出の民放キー局ディレクター)

『オオカミ少年』は起死回生を図ることはできるのか、そして『金スマ』は、来年春の改編期を乗り越えることはできるのだろうか!? 浜田、中居という超大物MC2人が、危機を迎えているようだ。

関連リンク

  • 10/12 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます