有吉弘行「夏目三久との新婚生活」の“足かせ”新番組『有吉の世界同時中継』初回にブチ込んだ「渡部建ネタ」と霜降り明星・粗品の「ガチ注意」!

拡大画像を見る

 秋の改編期を迎え、新たにスタートした番組やリニューアルを図る番組の情報も出そろってきた。

 そんな中、10月7日には有吉弘行(47)と霜降り明星の粗品(28)がMCを務める『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~』(テレビ東京系)がスタート。

「本来であれば喜ばしいはずの冠番組ですが、そのスタートにあたっては、有吉さんが難色を示した、という報道もありましたね」(お笑いプロ関係者)

『有吉の世界同時中継』は、これまで不定期番組として4回放送され、初回の放送が「ギャラクシー賞テレビ部門」で2020年8月の月間賞に選出されるほど話題になった番組。

「有吉さんも収録を心から楽しんでいる印象で、レギュラー化は問題ないと思われていました。ところが、有吉さんサイドに話を持ち込むと、レギュラー化にはかなり後ろ向きだったというんです。

 その最大の理由は、番組の収録時間。海外と中継をつなぐため、収録時間を現地の日中に合わせる必要があります。そうなると日本での収録は深夜になってしまう。そこに有吉さんサイドが難色を示したようなんです」(前同)

 有吉は今年4月にフリーアナウンサーの夏目三久(37)との結婚を発表。夏目は9月末をもってすべてのレギュラー番組から降板し、芸能界を引退している。

「有吉さんは夏目さんとの新婚生活を大事にしたい、という気持ちが強く、おそらく深夜収録になる『有吉の世界同時中継』のレギュラー化は避けたかった、とささやかれています。

 夏目さんの『あさチャン!』(TBS系)も9月末で終了し、彼女は芸能界を引退し家庭に入るわけで、生活リズムが噛み合うタイミングでもあった。たしかに、有吉さんが深夜収録を嫌がるのも無理ないのでしょうね」(同)

■有吉弘行の「渡部ぶっこみ」を粗品が“ガチ注意”

 そんな、ひと悶着があったとされる『有吉の世界同時中継』のレギュラー1発目の放送では、有吉の“ぶっこみコメント”も番組を盛り上げた。

 番組ではフランス・パリのデパートを現地からリポート。リポーターがワインを紹介する段になると、有吉が笑顔で「渡部さんのおすすめのビオワインあるかな?」とボソッと一言。即座に粗品が「ええわ渡部さん、二度と言わないでください! 記念すべき初回なんで」と注意する場面があった。

「有吉さんは、あえてアンジャッシュの渡部建さん(49)をイジったわけです。昨年6月に複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられた渡部さんですが、報道から1年以上が経った今も復帰はまったく見えない状況。やはりやったことがあまりにもひどすぎますからね。

 不祥事の内容的に、“アンジャッシュ・渡部”という名前を出すのもはばかられるような存在になってきています。番組スポンサーも、渡部さんの名前を出されることにいい気はしないでしょう。だからこそ、有吉さんの“渡部発言”に粗品さんの“ガチ注意”が入ったんでしょうね。もちろん、笑えるものでしたが」(制作会社関係者)

 今では「渡部」の名前を地上波テレビ番組で出せるタレントは芸能界の大物に限られている。

 10月3日、日本テレビ系の人気番組がコラボする特番『日テレ系人気番組 秋のコラボSP!』が放送され、10月10日にスタートした同局系ドラマ『真犯人フラグ』を主演の西島秀俊(50)がPRした。

 これを受け、MCの中居正広(49)が「ちょっと! そんな番宣じゃ! 児嶋!」と、アンジャッシュの児嶋一哉(49)に番宣の補足をするように求め、児嶋は中居の振りに「俺じゃねぇよ!」と突っ込みを入れ、さらに中居が「じゃあ誰だよ!」と応じると児嶋は「渡部だよ!」と相方・渡部の名前を出す場面があった。

■有吉弘行をもってしてもアンジャッシュ・渡部の復帰はサポートできない

 前出の制作会社関係者が続ける。

「そんな中、有吉さんはたびたび渡部さんの名前を番組で出しています。9月10日に放送された『マツコ&有吉かりそめ天国』(テレビ朝日系)でもいきなり、“宮迫さんがああなっちゃったってことは、渡部さん無理かな”と、元雨上がり決死隊の宮迫博之さん(51)に続いて、渡部さんの名前を出したんです」

 さらに、有吉が「便所さえ……あれがホテルならねえ」と続けると、共演のマツコ・デラックス(48)は「まだチャンスあるんじゃない?」と反応。これに有吉が「ことあるごとに、俺が救うって記事が出るんだよね……。いや、児嶋だろ!」「この番組(で復帰)じゃないかとか……。なんで俺らなの。いや、児嶋だろ!」と児嶋の名前を2度も叫んだのだ。

「9月25日に『有吉反省会』(日本テレビ系)が最終回を迎えましたが、同番組の最終回に渡部さんが出演して復帰を果たすという報道もありましたからね。有吉さんがたびたび番組で渡部さんに言及するたびに、復帰をサポートするという説が出る。しかし、有吉さん本人が、渡部さんの復帰を手助けするのは自分ではないと明言している。

 今やお笑い界ナンバーワンMCと言っても過言ではない有吉さんをもってしても、渡部さんを復帰させるのは難しいでしょう。そして、それは自分の役割ではないとも思っている。

 ただ、有吉さんの“渡部イジり”はもはやネタ化しています。不倫報道前、有吉さんはプライベートで渡部さんと食事に行く仲でしたからね。やはり今でも気にしている、というのは当然あるんでしょうね」(前同)

 いまだに復帰の目途が立たない渡部。有吉の“渡部ぶっこみ”は今後も続いていく!?

関連リンク

  • 10/12 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます